お知らせ/新着情報NEWS TOPICS

福岡人お仕事トーク vol.21 7/21 NPO法人 はぁとスペース 代表 山本 美也子 氏のお話

2016.07.21福岡人お仕事トーク

福岡人お仕事トーク vol.21

福岡をキーワードに、福岡で・日本で・世界で活躍する 「あの人」のお仕事の話をお届けします。

 

福岡から全国に 「飲酒運転ゼロが当たり前!」を発信していきます。

NPO法人 はぁとスペース 代表 山本 美也子 氏

《山本美也子さん プロフィール》

1968年8月19日生まれ。

福岡県出身。

趣味/絵本の読み聞かせ

座右の銘/置かれた場所で咲きましょう

HP/http://heart-space.net/

(写真・インタビュー 竹下章太郎、記事 くのいちOL娘。)

pacolife-f1_page_06.jpg

 

福岡のNPO法人代表 山本美也子さんに聞く、 お仕事の話

 

■なぜNPO法人を立ち上げたのですか

主人は車いすマラソンのアスリート選手で、日常生活で困惑した状況によく直面します。車で出掛けた時に「車いす優先駐車場」を健常者の方々が駐車していて、停められないことがよくあることから、健常者の皆さんに「車いす優先駐車場」の必要性をもっと理解してほしいと思い、2010年3月に「NPO法人はぁとスペース」を設立し、本格的に活動をスタートさせました。 当初は啓発運動や障がい者スポーツの支援などを中心に活動していたのですが、設立から約1年後、飲酒運転により長男とお友達の大切な命を奪われてしまいました。その時から、はぁとスペースの活動に「飲酒運転撲滅」が加わりました。現在は「思いやりで社会を変える」をテーマに、全国各地で飲酒運転撲滅の講演活動をさせて頂いています。

 

■どんな苦労がありましたか

NPO設立当初までは看護師として働いていたため、企業様へのアポイントの取り方や、お話する時の言葉の使い方等々が全く分からず、ビジネスマナーにも苦戦しました。それでも飲酒運転で亡くなる人を減らしたい、その一心で飲酒運転撲滅講演や街頭啓発活動を続けてきました。そして39回目の講演の時に「福岡の飲酒運転撲滅条例」ができました。遺族が動けば社会は変わるのだと実感出来て、本当に嬉しかったです。 活動していく中で、私たちを応援して下さる企業様も徐々に増えてきました。「STOP!!飲酒運転」のステッカーは、株式会社キリンビバックス様の支援自動販売機の寄付金で、子ども達には無料で配布しています。このステッカーを作る時、最初に上がってきたデザインは「飲酒運転という文字に大きな×印」がついたものでした。しかしそれを見た時にとても違和感がありました。私はこれまで活動してきた中で、怒りや憎しみは人に通じないということをたくさん経験してきたからです。だから私は「思いやりのハート」でいきたいと思ったのです。この3つのハートには亡くなった長男とお友達、そして飲酒運転撲滅を願う全ての人々の願いが込められています。

 

■今後の活動について

10年頑張れば社会は変わると信じて活動してきました。これまで650回以上講演を行っていますが、なかなか飲酒運転が無くならないのが現状です。 飲酒運転撲滅に向け、現在では教育の現場でお酒の正しい知識を教える「酒育」にも力を入れています。子どもの時からお酒の正しい知識をしっかりと教育していくことで、飲酒運転をしてはいけないという意識が自然と身についてくれることを期待しています。先日は講演を聞いてくれた子どもたちから『お父さんの飲酒運転を止めた』というお話を聞き、本当に嬉しかったです。

 

■働く人へのメッセージ

我が家にはこゆきちゃんという犬がいます。長男がとても可愛がっていたのですが、亡くなってからはお仏壇の前で寝るようになり、それがきっかけで「志村どうぶつ園」にも出演しました。 そのこゆきちゃんが出演している飲酒運転撲滅のCMで「やめよう飲酒運転」というフレーズがあります。私はこの「やめよう」という言葉がとても好きです。最近若者のモラルの低下が問題になっていますが、誰かの「やめよう」という言葉で救われることってたくさんあると思うのです。車いす優先駐車場に停めないことも、飲酒運転をしないことも皆さんのモラルによって解決できることです。そんな声を若い人からどんどん発してもらって社会を明るくして欲しいなと思います。

 

■これからの夢は

お酒も食べ物も美味しい福岡だからこそ「飲酒運転が多い」というレッテルを貼られていることを残念に思います。福岡で飲酒運転がゼロとなり、安全で楽しめる素敵な街になればいいなと思います。そして福岡から全国に向けて「飲酒運転ゼロが当たり前!」ということを発信していきたいと思います。 また、今後は障がいのある子どもたちがスポーツを通して活躍できる支援活動や、夢に向かって頑張る若者を応援する取り組みにも力を入れていきたいです。

 

大切な人が突然いなくなるということ あなたは想像できますか? やめよう飲酒運転

 

pacolife-f2_160721_page_05.jpg

お問い合わせ

本社代表093-622-0850
受付/9:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

福岡営業部092-409-2830
受付/9:00〜18:00(土・日・祝日を除く)