労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 「令和」新時代の窓口として登場した68万2,325社 新商号「アシスト」「LINK」を含む多様な業種とその成長の軌跡

2024年5月1日

労務・人事ニュース

「令和」新時代の窓口として登場した68万2,325社 新商号「アシスト」「LINK」を含む多様な業種とその成長の軌跡

「令和」生まれ企業 5年間で68万社 多い商号は「アシスト」と「LINK」(TSR)

令和元年以降に誕生した企業数が5年で約68万社に達しました。これらは新元号「令和」のスタートと同時に設立された企業で、特に商号に「アシスト」と「LINK」が多く見られ、それぞれ235社、231社が使用しています。産業分布を見ると、サービス業が最も多く、全体の42.0%を占めており、具体的には98,828社が学術研究や専門・技術サービス業に該当します。これらの企業は、経営コンサルティング、法務、デザイン事務所など、専門知識を活かしたサービスを提供しています。

地域別に見ると、東京都が最多で206,591社が設立され、全体の30.2%を占めています。大都市圏では、他に大阪府や神奈川県など、14都道府県で1万社以上の企業が設立されています。対照的に、鳥取県は1,551社と最少で、全体の0.2%にとどまります。

倒産状況をみると、「令和」設立企業はこれまでに1,316件の倒産が発生しており、その倒産率は0.19%です。特にサービス業が多くを占め、約半数の626件がサービス業からの倒産でした。これらの中には飲食店や介護関連事業が多く含まれており、新型コロナウイルス感染症の影響やコスト上昇が主な原因となっています。

新元号「令和」が始まって以降、新たに設立された企業の動向を分析すると、多くの企業が新しい時代のニーズに対応しようと、様々なチャレンジを行っています。一方で、これまでに多くの企業が経済的な困難に直面し、倒産に至るケースも少なくありません。特に新興企業の中には、経験不足や資金繰りの問題から事業を持続できなかった例が目立ちます。

このような状況の中でも、「令和」設立企業は、新しい時代のビジネスモデルを模索しつつ、日本経済の新たな活力源としての役割を担っています。将来に向けて、これらの企業がどのように進化し、どのような影響を経済に与えるのか、引き続き注目が集まっています。

⇒ 詳しくは東京商工リサーチのWEBサイトへ