労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年 福島県、航空宇宙産業への参入・拡大支援!補助金で国際競争力を強化

2024年4月28日

労務・人事ニュース

令和6年 福島県、航空宇宙産業への参入・拡大支援!補助金で国際競争力を強化

福島県 令和6年度【航空宇宙関連産業認証取得等支援事業補助金】

福島県では、航空宇宙産業の拡充を図るための特別な支援策が実施されています。この取り組みは、地元企業が国際市場で競争力を持つための資格や技術を獲得することを目的としており、特に新規参入や市場拡大を志す企業にとって大きなチャンスとなるでしょう。令和6年度に提供されるこの補助金は、認証取得費用や国際展示会への出展費など、幅広い経費が対象です。

申請の受付は、令和6年12月27日までとなっており、予算の範囲内での先着順で受け付けられますので、早めの行動が推奨されます。福島県内で事業を展開する製造業者が対象とされ、地域経済を牽引する事業計画の承認を受けた企業には、特に有利な条件が用意されています。

補助対象となる主な経費には以下のものがあります。

認証取得費用
航空宇宙産業に必要な各種認証の取得にかかる申請料や審査料、初回登録料などが含まれます。例えば、品質マネジメントシステムJISQ9100や、特殊工程認証Nadcap取得費用などがこれに該当します。これらの経費の半分(場合によっては三分の二まで)が補助され、上限は各認証ごとに最大100万円とされています。

取引拡大支援
国際展示会への出展費用や、次世代航空モビリティーの生産に関わる試作品作成費用など、取引拡大に直結する活動が支援対象です。こちらも補助率は半分、特定のプロジェクトには三分の二までサポートがあり、補助金の上限は100万円から最大1000万円までとなっています。

人材育成
県外で開催されるセミナーや研修の受講費用など、航空宇宙産業に特化した人材を育成するための経費も補助の対象となります。こちらも最大で経費の半分が補助され、上限は50万円です。

これらの支援を活用することで、福島県内の企業はより高度な技術力を身につけ、国内外の市場での競争力を高めることが期待されます。補助金の詳細や申請方法については、福島県商工労働部次世代産業課が提供する資料を参照してください。

⇒ 詳しくは福島県庁のWEBサイトへ