労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 企業が直面する2024年の課題とチャンス—帝国データバンク最新調査

2024年5月1日

労務・人事ニュース

企業が直面する2024年の課題とチャンス—帝国データバンク最新調査

2024年度、「増収増益」を見込む企業は26.3% 上向き傾向が続くも、勢いはやや鈍化 ~ 利益面で二極化が進むなか、「人手不足」が最大の下振れ材料 ~(帝国データバンク)

帝国データバンクは、2024年度の企業業績見通しに関して全国の約27,000社を対象に意識調査を行い、その結果を公開しました。本調査は、2024年3月15日から3月31日にかけて実施され、約11,000社から有効な回答が得られました。この調査は毎年実施されており、今年で16回目を迎えます。

調査によると、今年度の業績見通しを「増収増益」と答えた企業は全体の約26.3%に上り、前年度に続いて成長が見込まれています。しかし、その成長のペースは若干鈍化しており、企業間での利益の二極化も進んでいる模様です。また、「人手不足」が企業業績に与える影響は深刻で、最も懸念される下振れ材料として挙げられました。

日本国内の景気は、新型コロナウイルス感染症の収束に伴う生産活動の正常化や観光産業の回復、インバウンド消費の拡大などに支えられ、徐々に持ち直しています。日本銀行が2024年3月にマイナス金利政策を解除し、金融政策の正常化に向けて動き出したことも、景気回復の一助となっています。

企業業績にポジティブな影響を与える主要因としては、「個人消費の回復」が2年連続でトップに選ばれ、景気回復のキーファクターとしての位置づけが強まっています。一方で、「感染症の収束」の影響は以前よりも低く評価され、現在は13位に位置しています。

このような市場の動向は、企業の戦略立案において重要なデータとなるでしょう。詳細な調査データは帝国データバンクの公式ウェブサイトで公開されています。

⇒ 詳しくは帝国データバンクのWEBサイトへ