労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 大刀洗町、創業・新事業支援補助金で最大50万円の補助

2024年7月3日

労務・人事ニュース

大刀洗町、創業・新事業支援補助金で最大50万円の補助

令和6年 大刀洗町創業・新事業展開支援補助金

大刀洗町は、創業や新事業展開を支援するための補助金制度を設けています。これは、町内で新たに事業を始める方や事業を拡大する方を対象に、事業に必要な経費の一部を補助するものです。以下に、その詳細についてお知らせします。

まず、この補助金の対象者は中小企業者であり、大刀洗町に住んでいるか移住してくる予定のある方です。また、町内に本社や事務所を設置することが確実であると認められる方も対象です。さらに、特定の創業支援事業を修了していることが必要であり、創業後3年間継続して事業を行う見込みがあること、町の税や国民健康保険税の滞納がないことが条件となっています。ただし、フランチャイズ事業や一時的な店舗運営など、特定の条件に該当する場合は対象外となります。

補助金の交付額については、創業や新事業展開に対して最大で50万円が補助されます。また、移住や新規正規雇用などの条件に該当する場合は、追加で最大10万円の定額加算が受けられます。補助対象経費には、創業に必要な官公庁への申請書類作成費や店舗の借入費、新築工事費、設備費、マーケティング調査費、広告宣伝費などが含まれます。これらの経費は創業までに必要なものであり、創業後の経費は対象外です。

補助事業の期間は、交付決定日から申請年度の3月31日までとなっています。補助事業者は、補助事業が完了した日から30日以内または補助金交付決定日の属する年度末のいずれか早い日までに実績報告を行う必要があります。申請は事前に行う必要があり、創業や事業着手前に申請を行ってください。

申請手続きには、交付申請書や事業計画書、誓約書兼同意書、創業支援事業の修了証、補助対象経費に係る見積書など、各種書類の提出が必要です。また、補助金の交付を受けた後も、事業の中止や廃止を行う際には、速やかに変更等承認申請書を提出し、町長の承認を受ける必要があります。

大刀洗町の創業・新事業展開支援補助金は、町内で新たなビジネスを始める方々を強力にサポートする制度です。興味のある方は、早めの申請を検討し、必要な書類を準備してください。

⇒ 詳しくは大刀洗町役場のWEBサイトへ