労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 東京商工リサーチによる詳細な労働市場調査 2024年における企業の人手不足が前年比で悪化し、建設業での正社員不足が最も深刻である

2024年4月24日

労務・人事ニュース

東京商工リサーチによる詳細な労働市場調査 2024年における企業の人手不足が前年比で悪化し、建設業での正社員不足が最も深刻である

「人手不足」企業、69.3%で前年よりも悪化 建設業は8割超が「正社員不足」で対策急務(TSR)

2024年、日本の経済復興に伴い、多くの産業で労働力不足が顕著になっており、特に正社員の需要が高まっている状況です。今年度の調査によると、69.3%の企業が正社員の不足を訴え、前年度の66.5%から悪化しています。新型コロナウイルスの影響から徐々に回復している市場では、特に中小企業において賃金の上昇が見込めない中、人手不足の問題が深刻化しています。

東京商工リサーチによる4月初旬のデータでは、大企業における正社員の不足が77.6%と、中小企業の68.4%と比較しても高い数字を記録しています。また、業種別に見ると、建設業、運輸業、情報通信業などで正社員の不足が特に深刻で、これらの業界では人材確保のための新たな戦略が急務となっています。

一方で、非正規社員の状況は比較的安定しており、38.7%の企業が不足を感じていますが、正社員の不足状況と比べると低い数値です。特に小売業やサービス業では、非正規労働者への依存度が高く、これが業界ごとの雇用のバランスに影響を与えています。

本調査は2024年4月1日から8日にかけて、インターネットを通じて行われ、4,619社が回答しました。資本金の規模によって大企業と中小企業を区分し、各企業の現状を詳細に分析しています。これにより、各業界、企業規模における正確な労働市場の状態が明らかになりました。

このデータから、各企業は労働市場の変化に適応するための戦略を練る必要があるとされています。また、政府や関連機関による支援が求められる中、人材の確保と育成が今後の経済成長の鍵となるでしょう。今後もこの問題に注目して、対策の進展を見守る必要があります。

⇒ 詳しくは東京商工リサーチのWEBサイトへ