ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 運送業界に迫る2024年の壁 働き方改革の波紋

2024年1月31日

労務・人事ニュース

運送業界に迫る2024年の壁 働き方改革の波紋

2024年問題に対する企業の意識調査(帝国データバンク)

日本が直面する2024年問題とは、働き方改革による時間外労働の上限規制が実施されることで、特に運送業界などで人手不足や業務停滞が懸念される事態です。この新たなルールは2024年4月から適用され、健康被害の軽減や労働環境の改善が期待されていますが、一方で業務の遅延やコスト増加などの副作用が予想されています。

この背景を受け、帝国データバンクが全国の企業を対象に実施した調査では、多くの企業が2024年問題によるマイナスの影響を予測しています。特に物流業界においては、7割近い企業が影響を受けると回答し、最大の懸念点として物流コストの増加を挙げています。対策としては、運送費の値上げへの対応が多数を占める一方で、一定数の企業は特に対応の必要を感じていないとも答えています。

この問題に対する支援策として、企業は金銭的支援や人材育成・確保の支援を求めています。これは、単にコストを抑えるだけではなく、持続可能なビジネスモデルへの転換や人材の確保・育成が2024年問題への対応には不可欠であることを示しています。

この調査結果は、産業界全体にとって重要な示唆を与え、今後の対策や政策策定のための貴重なデータとなるでしょう。企業や政府は、この問題に共同で取り組むことが求められており、その過程で新たなビジネスチャンスの創出や労働環境のさらなる改善が期待されています。

⇒ 詳しくは帝国データバンクのWEBサイトへ