ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 高齢者が輝く未来へ 令和6年度高年齢者活躍企業コンテスト開催

2024年2月11日

労務・人事ニュース

高齢者が輝く未来へ 令和6年度高年齢者活躍企業コンテスト開催

令和6年度高年齢者活躍企業コンテスト募集(厚労省、JEED)

日本で高齢者の活躍を促進するために、厚生労働省と独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が共同で「高年齢者活躍企業コンテスト」を開催します。このイベントは、高齢者が活躍できる職場環境を創出する企業の取り組みを表彰し、社会全体にその実例を広めることを目的としています。表彰される企業は、高齢者の雇用機会の拡大や就業支援に関する独自の取り組みを通じて、生涯現役社会の実現に貢献している企業です。

本コンテストでは、定年廃止や定年後も働ける制度の導入、創業支援、賃金や人事評価の見直し、多様な勤務形態の導入など、高齢者が働きやすい環境作りに取り組む企業の事例を募集しています。また、高年齢者のモチベーションや能力向上、職場風土の改善、技術伝承、教育訓練の実施など、高年齢者が活躍できる職場作りに関する様々な施策も評価の対象となります。さらに、作業環境の改善、健康管理、安全衛生、福利厚生の充実に関する取り組みも重視されます。

応募にあたっては、企業概要や取り組み内容を記載した指定の様式に加え、改善事例を示す写真や図、イラストなどの資料を添付して提出する必要があります。応募書類は返却されないため、提出に際してはこの点をご留意ください。厚生労働省と高齢・障害・求職者雇用支援機構は、提出された資料の著作権及び使用権を保有します。

本コンテストへの応募は、2024年2月29日(木)までとなっており、その日の消印があれば有効です。応募は、高齢・障害・求職者雇用支援機構の各都道府県支部の高齢・障害者業務課へ郵送するか、事前に連絡の上、電子データで提出してください。

厚生労働省と高齢・障害・求職者雇用支援機構は、このコンテストを通じて、高年齢者の能力と経験を生かし、彼らが活躍できる職場環境の普及と促進を図ります。優れた事例を社会に広く紹介することで、高年齢者の雇用促進と生涯現役社会の実現に向けた取り組みが一層進むことを期待しています。

⇒ 詳しくは独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のWEBサイトへ