労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • コミュニティ活動推進事業補助金が20万円に増額!市民団体を支援

2024年7月3日

労務・人事ニュース

コミュニティ活動推進事業補助金が20万円に増額!市民団体を支援

令和6年 宮若市 コミュニティ活動推進事業補助金交付制度

宮若市では、市民によるまちづくり活動を支援するため、コミュニティ活動推進事業補助金交付制度を設けています。産業、教育、文化などの分野で市の活性化に貢献する活動を行う市内の団体に対して、この補助金を交付します。

この制度は令和6年4月1日に改正され、より多くの団体が活用できるようになりました。主な変更点は以下の通りです。補助金の上限額が20万円に引き上げられ、公共用地などの植栽や保全を行う事業については、これまで3回までとされていた補助交付回数の上限が撤廃されました。また、熱中症対策としての飲料なども補助対象経費に追加されました。

この制度の対象となる団体は、コミュニティ組織(自治会等)またはその連合体、そしてNPOやボランティア活動を行っている団体です。対象事業は地域の歴史や伝統、自然、観光資源などを活用した文化・体育活動の振興事業、地域の住環境改善や安全対策を目的とする事業、その他市長が認める事業が含まれます。

補助金額は、事業に要する経費から事業収入や他の補助金などを控除した額で、上限は20万円です。ただし、熱中症対策以外の飲食費用は補助対象外です。補助金の交付は年1回までで、通算3回まで受けられますが、公共用地の植栽や保全を行う事業についてはこの限りではありません。

申請を希望する団体は、事業開始の30日前までに本庁まちづくり推進課に必要書類を提出する必要があります。申請に必要な書類は、交付申請書、事業計画書、収支計画書、チェックシート、誓約書、そして団体の規約などです。これらの書類はまちづくり推進課で入手できます。

宮若市の活性化に向けた活動を行う団体の皆さんは、この補助金を活用して地域の発展に貢献してみてはいかがでしょうか。興味のある団体は、ぜひ申請を検討してみてください。

⇒ 詳しくは宮若市のWEBサイトへ