ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • デジタル化で事業を変革!仙台市が提供する補助金プログラム

2024年2月2日

労務・人事ニュース

デジタル化で事業を変革!仙台市が提供する補助金プログラム

仙台市地域企業デジタル化サポート補助金 申請受付開始時(令和6年2月上旬頃を予定)

仙台市は、地域内の中小企業や個人事業主がデジタル技術を活用して業務効率を向上させ、競争力を高めることを目的に、「仙台市地域企業デジタル化サポート補助金」を提供します。この補助金は、ITツールの導入やビジネスモデルの改革など、デジタル化に関連するプロジェクトの費用を一部サポートすることで、企業の生産性向上に貢献することを目指しています。

支援の対象者は、仙台市内に本店や事業所を構える中小企業及び仙台市に住む個人事業主です。提供される補助金の上限は50万円で、補助率は経費の半額です。対象となる経費には、ソフトウェア購入費、クラウドサービスの利用料、ウェブサイトの制作や改修費、ハードウェア購入費、社内ネットワーク構築費などが含まれます。

補助金の申請にあたっては、仙台市産業振興事業団による事前相談が必須です。専門家が伴走し、事業計画の検討から申請プロセスまでをサポートします。事前相談の申し込みは、令和6年1月18日から開始され、公益財団法人仙台市産業振興事業団が対応を行います。

この補助金は、デジタル変革を推進しようとする地域企業にとって大きなチャンスです。申請の詳細や必要書類に関しては、令和6年2月上旬に公式ウェブサイトで発表される予定です。

⇒ 詳しくは宮城県仙台市のWEBサイトへ