ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • ハイヤー・タクシー運転者の長時間労働改善に向けた改善ハンドブック解説動画を公開(厚労省)

2023年12月20日

労務・人事ニュース

ハイヤー・タクシー運転者の長時間労働改善に向けた改善ハンドブック解説動画を公開(厚労省)

2024年4月から変わる!ハイヤー・タクシー運転者の新労働規制とは?

2024年4月、ハイヤー・タクシー運転者の労働環境が大きく変わります。

この変化の中心にあるのが、新しい労働時間に関する規制です。動画では、この規制の具体的な内容と、運転者の健康と安全を守るための基準が紹介されています。

特に注目すべきは、時間外労働の上限が月45時間、年間360時間に設定され、特別な事情がある場合でも年間960時間が上限となる点です。

これは、運転者の長時間労働による疲労蓄積や健康損害のリスクを減らすための重要なステップです。

運転者が遵守すべき労働時間管理の基本は、高速時間、急速期間、労働時間、休憩時間という4つのキーワードに集約されます。これらの管理により、労働者の健康を保ちながら効率的に業務を遂行することが可能になります。

実例として、日本交通が若年層の採用に取り組んでいる事例が紹介されています。

新卒採用を積極的に行い、タクシー業界の社会的役割を伝えることで、新しい世代のドライバーを育成しています。

また、ハートフルタクシーでは、女性ドライバーが安心して働けるように柔軟なシフト管理や事業所内保育所を設置しています。

これらの取り組みにより、タクシー業界はより多様な人材を受け入れ、地域社会に貢献しているのです。

この動画は、運転者や業界関係者にとって非常に有益な情報を提供しています。

さらに詳細な情報は、提供されているハンドブックのリンクから入手できます。新しい時代の到来に備え、ハイヤー・タクシー業界がどのように変わっていくのか、その一端をこの動画は示しています。

ハイヤー・タクシー運転者の長時間労働改善に向けた改善ハンドブック解説動画はこちら

⇒ 詳しくは厚生労働省のYoutubeチャンネルへ