ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 一般職業紹介状況 有効求人倍率1.26倍 令和6年(2024年)2月を公開(厚労省)

2024年3月29日

労務・人事ニュース

一般職業紹介状況 有効求人倍率1.26倍 令和6年(2024年)2月を公開(厚労省)

引用:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和6年2月分)より

一般職業紹介状況(令和6年2月分)について(厚労省)

令和6年2月の労働市場に関する報告によると、有効求人倍率が1.26倍であり、前の月と比べてわずかに減少していることが明らかになりました。同じく、新規求人倍率も2.26倍で前月より少し下落しました。しかし、正社員の有効求人倍率はわずかに上昇して1.01倍になりました。

厚生労働省が公表するこのデータは、ハローワークを通じて得られる求人情報や求職活動、就職結果を元に集計されています。2月では、有効求人数は0.5%増加し、有効求職者数も1.0%増えていることが示されています。しかしながら、新規求人の数は前年の同じ月と比較して3.6%減少しています。

業種別で見ると、情報通信業では求人が4.2%増えた一方で、製造業や宿泊業、飲食サービス業などは8.7%から8.4%の間で減少しています。生活関連サービス業や娯楽業も同様に7.9%の減少を示しています。

地域別の状況を見ると、福井県が1.89倍で最も高い有効求人倍率を記録しており、反対に大阪府は1.06倍と最も低いです。受理地別では、福井県が1.77倍で最も高く、神奈川県が0.90倍で最も低い結果となっています。

この情報は、労働市場の状況を理解する上で重要な指標となり、産業や地域による求人の動向を把握することができます。

市場不確実性を解明 令和6年2月の労働市場分析と先読み

令和6年2月の日本の労働市場は、微妙な変動を見せており、これが経済全体に複数の影響を及ぼしています。まず、有効求人倍率のわずかな減少は、一部の業種での求人の縮小を示しています。特に製造業や宿泊・飲食サービス業では大きな減少が見られ、これがこれらの産業における雇用機会の減少を意味します。情報通信業のように増加している業種もありますが、全体としては市場の不確実性が高まっていることを示しています。

地域別に見ると、有効求人倍率が高い福井県のような地域では、より多くの雇用機会があり、経済的に安定していることを示しています。逆に大阪府や神奈川県のように低い地域では、雇用市場が緊張していることが伺えます。このような地域差は、地方経済の健全性と発展の度合いにも影響を与え、移住や投資の決定にも影響を及ぼす可能性があります。

これらの動向は、企業が採用戦略を立てる上で重要な情報です。労働市場の理解を深めることで、どの地域に投資するか、どの産業に注目するかという戦略的な判断が可能になります。また、労働市場の変化は消費者の購買力や地域経済の活性化にも影響を与えるため、企業はこれらのデータを利用して市場の需要を予測し、適切な対応を計画することができます。

⇒ 詳しくは厚生労働省のWEBサイトへ