ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 中小企業のための給与アップ支援策、新税制のメリットとは?

2024年4月2日

労務・人事ニュース

中小企業のための給与アップ支援策、新税制のメリットとは?

中小企業向け賃上げ促進税制の周知チラシ(日本商工会議所)

2024年3月26日、日本商工会議所が中小企業の給与増額をサポートするための税制度「中小企業向け賃上げ促進税制」に関する新しいチラシを発表しました。この制度は、中小企業が従業員の給料を昨年度より増やすと、増加分の一部を税金から引けるというものです。特に、今年の税制改正により、利用できる期間が5年間に延長され、さらに給与アップを促すための追加メリットが加わりました。

具体的には、中小企業が従業員の給与を増やした場合、増加した分の税額を削減できる仕組みが強化されています。この税制の利点としては、給与アップによる社員のモチベーション向上や、企業の競争力強化が期待できる点が挙げられます。

新しいチラシには、制度の詳細や改正点、よくある質問とその回答がまとめられており、中小企業の経営者や担当者が制度を理解しやすいように工夫されています。このチラシを通じて、より多くの中小企業が給与アップの取り組みを進め、事業の発展と従業員の満足度向上につなげることが期待されています。

この税制は、中小企業の経営者にとって大きな支援となるため、積極的に情報を得て利用することが推奨されます。給与増加による社員の生活向上や、企業文化の改善にも繋がるこの機会を、ぜひ活用してください。

こうした動きは、中小企業にとって経済環境が厳しい中での一筋の光となるでしょう。給与を増やすことで、従業員のやる気を引き出し、会社全体としての発展に寄与することが期待されます。さらに、制度の利用を通じて、会社の経営状況が改善され、長期的な事業成長へとつながる可能性が高まります。

日本商工会議所は、このチラシを通じて、中小企業のさらなる発展と給与アップを推進していく意向を示しています。経営者や人事担当者は、この機会に制度の詳細を確認し、自社の経営戦略にどのように取り入れられるか検討するとよいでしょう。

⇒ 詳しくは日本商工会議所のWEBサイトへ