労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 中小企業の新たな挑戦を応援、「共同・協業販路開拓支援補助金」第9回公募開始、締切7月31日

2024年6月7日

労務・人事ニュース

中小企業の新たな挑戦を応援、「共同・協業販路開拓支援補助金」第9回公募開始、締切7月31日

<中小企業生産性革命推進事業>「共同・協業販路開拓支援補助金」第9回の公募を開始しました(中小機構)

独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:宮川正、本部:東京都港区)は、2024年5月29日に「共同・協業販路開拓支援補助金」の第9回公募を開始しました。この補助金は、中小企業の生産性向上と持続的発展を支援するために設けられたもので、特に共同での販路開拓や協業を進める事業者を対象としています。

現在、中小企業や小規模事業者は、人手不足や働き方改革、賃上げ、インボイス導入など、様々な課題に直面しています。これらの課題に対応し、企業の生産性を向上させるためには、設備投資やIT導入、販路開拓、事業承継などの支援が必要です。この補助金は、そうした中小企業のニーズに応えるため、複数年にわたって支援を行うものです。

「共同・協業販路開拓支援補助金」は、具体的には次のような取り組みを支援します。まず、複数の中小企業が連携して新たな販路を開拓するプロジェクトに対して、資金面での支援を行います。これにより、単独では難しい市場開拓を実現し、企業間の協力を促進することが期待されています。

また、この補助金の申請にはいくつかの要件があります。例えば、申請企業は特定の業種に限定されず、幅広い分野での応募が可能です。ただし、申請プロジェクトは明確な目的を持ち、実現可能性が高いものである必要があります。さらに、プロジェクトの進捗状況や成果については、定期的に報告を行うことが求められます。

申請期間は本日から開始され、締切日は2024年7月31日となっています。興味を持った企業は、ぜひこの機会を活用していただきたいと思います。申請方法や詳細な要件については、全国商工会連合会の公式サイト(https://www.shokokai.or.jp/kyodokyogyo/)にてご確認ください。

中小企業基盤整備機構は、今後も中小企業や小規模事業者の持続的な成長を支援するため、様々なプログラムを展開していきます。特に、地域経済の活性化やイノベーションの促進に向けた取り組みを強化し、企業の自律的な発展をサポートしていく予定です。

今回の「共同・協業販路開拓支援補助金」は、その一環として、多くの中小企業が協力して新たな市場に挑戦するための重要な支援策となります。企業間の連携を通じて、より強固なビジネス基盤を築き、持続的な成長を実現していくことが期待されています。

最後に、この補助金に関するお問い合わせは、中小企業基盤整備機構のイノベーション助成グループ助成企画課(担当者:安居、横道、堀江)までご連絡ください。連絡先は、電話番号03-6459-0866で、受付時間は平日の9時30分から12時00分、および13時00分から17時30分となっています。

今回の募集を通じて、多くの中小企業が新たなビジネスチャンスを掴み、共に成長していくことを期待しています。

「<中小企業生産性革命推進事業>「共同・協業販路開拓支援補助金」第9回の公募を開始しました」はこちら

⇒ 詳しくは独立行政法人 中小企業基盤整備機構のWEBサイトへ