ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 事業継続を支える 下関市の中小企業向け電力支援金のご案内

2024年1月29日

労務・人事ニュース

事業継続を支える 下関市の中小企業向け電力支援金のご案内

下関市中小企業等電気料金高騰対策支援金

下関市は、電力料金の高騰に直面している地域内の中小企業やその他の事業体を支援するための新しいプログラムを立ち上げました。この支援金プログラムは、経営上の負担を軽減し、企業の持続可能な運営を促進することを目的としています。具体的には、高圧電力を利用する事業所が対象となり、電気料金の増加による影響を和らげるための財政的支援が提供されます。

対象となるのは、下関市内に事業所を持ち、高圧電力の契約をしている中小企業や、特定の条件を満たす事業者です。申請者は、事業の継続意志があり、市税の滞納がなく、暴力団や性風俗関連の業務に関与していないことなど、複数の基準を満たす必要があります。

支援金の計算方法は、選択された期間内の電力使用量に基づきます。具体的には、1kWhあたり1.5円を乗じた後、3倍して算出されます。交付される金額の上限は100万円で、一事業所につき一度だけの支給となります。

申請期間は、令和6年2月1日から4月30日までとされており、必要な書類は郵送で提出することになっています。下関市の指定した場所から申請書類を入手し、提出時には、事業所の情報、電力契約の詳細、税金の納付状況、電力使用量などを示す書類が必要です。

この支援金プログラムは、地域経済の安定と企業の持続可能性を支える重要な取り組みです。下関市は、このプログラムを通じて、中小企業が直面する電力料金の高騰問題に積極的に対応し、事業の安定した運営をサポートすることを目指しています。

⇒ 詳しくは山口県下関市のWEBサイトへ