ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和4年介護サービス施設・事業所調査の概況(厚労省)

2024年1月23日

労務・人事ニュース

令和4年介護サービス施設・事業所調査の概況(厚労省)

令和4年度介護サービス調査の全貌

厚生労働省が令和4年に行った「介護サービス施設・事業所調査」の結果を要約します。この調査は、日本全国の介護施設や居宅サービス事業所の数、職員の配置状況、サービスの利用状況を調査し、介護政策の基礎資料を提供することを目的としています。調査では、延べ25万以上の施設・事業所を対象に、約21万の施設・事業所のデータを集計しました。

主な結果は以下の通りです。介護保険施設の数は、介護老人福祉施設が約8500、介護老人保健施設が約4300、介護医療院が約730、介護療養型医療施設が約300です。居宅サービス事業所は、訪問介護が約3.6万、訪問看護ステーションが約1.5万、通所介護が約2.5万。

地域密着型サービス事業所では、地域密着型通所介護が約1.9万、認知症対応型共同生活介護が約1.4万です。また、介護職員(訪問介護員含む)の従事者数は、介護老人福祉施設で約30万人、介護老人保健施設で約13万人、訪問介護で約51万人、通所介護で約22万人となっています。

⇒ 詳しくは厚生労働省のWEBサイトへ