ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年度 下野市の新たな農業振興策!多様な補助金で農家をサポート

2024年2月1日

労務・人事ニュース

令和5年度 下野市の新たな農業振興策!多様な補助金で農家をサポート

栃木県下野市 農業振興対策の一環として、個人農業者・営農集団・集落営農組織等を対象に補助事業

下野市では、地域農業の活性化と品質向上を図るため、多彩な補助事業を展開しています。これらの補助金は、個人農家、農業団体、集落営農組織などが対象となります。

主な補助事業には、かんぴょう生産の支援、下野市産かんぴょうの消費促進、いちごの良質苗生産促進、養蚕の支援、農業ICTシステム導入、園芸作物の生産設備と資材の整備、園芸農業機械の導入支援、新規就農者向けの支援、広域防除の推進、農業生産工程管理の認証取得支援、ユニバーサル農業支援、農業研修者の受け入れ、有機JAS法に関する支援、特別栽培農産物の支援、低農薬栽培支援、畑地帯環境整備、土壌診断、農業用廃ビニール処理、狩猟免許試験手数料の補助、乳用牛の導入促進、家畜自衛防疫の促進、共進会の支援、畜産飼料供給の支援などが含まれます。

これらの補助事業は、農業生産の効率化、品質向上、環境保全、安全性向上など、農業分野における多岐にわたるニーズに応えることを目的としています。各事業には、補助金の額や対象者、申請方法などの詳細が設定されており、農業者にとって実践的で有益な支援となっています。

下野市は、これらの補助事業を通じて、地域農業の持続可能な発展を目指し、農家の経済的負担を軽減し、高品質な農産物の生産を促進しています。これらの補助金は、事業の実施前に申請が必要で、事業完了後には実績報告の提出が求められます。詳細については、下野市農政課や地域のJAにお問い合わせいただくことが可能です。

⇒ 詳しくは栃木県下野市のWEBサイトへ