ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年(2023年)12月 佐賀県 有効求人倍率は1.35倍(佐賀労働局)

2024年1月30日

労務・人事ニュース

令和5年(2023年)12月 佐賀県 有効求人倍率は1.35倍(佐賀労働局)

引用:佐賀労働局 一般職業紹介状況 <令和5年12月分及び令和5年分>より

令和5年(2023年)12月の佐賀県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

昨年度に比べ、労働市場に微妙な変動が見られるという最新の報告が佐賀労働局から発表されました。この報告は、令和5年の12月までのデータを基にしたもので、就職活動と求人状況に関する詳細な分析を提供しています。

令和5年の12月における労働市場の概況を見ると、有効求人倍率は1.35倍に下がり、僅かながらも減少しています。これは、前月比で0.02ポイントの低下を意味し、全国平均と比較しても若干の差が見られます。一方で、新規求人倍率は1.93倍となり、これも前月から0.25ポイントの減少を記録しています。

詳細なデータを見てみると、新規求人数は前年同月比で7.6%減少し、一方で新規求職者数は0.4%の微増を見せています。特に、卸売業や小売業、医療・福祉分野では求人数が増加している一方で、建設業、製造業、運輸業、宿泊業・飲食サービス業などは減少傾向にあります。

また、正社員の有効求人倍率は1.24倍となり、前年同月比でわずかに上昇しています。これは、正社員向けの求人状況がわずかに改善していることを示しています。

ハローワークのマッチング機能についても言及されており、12月の就職件数は993件、充足数は942件と報告されています。また、雇用保険受給者の早期再就職件数に関しては、前月と比較して減少していますが、これには様々な要因が考えられます。

労働市場は、産業ごとに大きな変動が見られ、一部の分野では求人数が増加しているものの、全体としては微妙な動きを見せています。今後の市場の動向に注目が集まります。

正社員求人のわずかな上昇 安定雇用への光明か?

佐賀県の労働市場に関する最新の報告によると、いくつかの重要な傾向が明らかになっています。これらの傾向は、地域の雇用状況に様々な影響を与えており、企業や求職者、政策立案者にとって注目すべき点がいくつかあります。

求人倍率の減少
佐賀県では、有効求人倍率がわずかに低下しています。これは、求人数に比べて求職者数の増加率が高いことを意味します。特に、新規求人倍率の低下は、市場に新たに参入する企業や新規プロジェクトが減少している可能性を示唆しており、新たな雇用機会の創出が鈍化していることを示しています。

産業別の動向
産業別に見ると、卸売業、小売業、医療・福祉分野で求人数が増加していますが、建設業、製造業、運輸業、宿泊業・飲食サービス業などは減少傾向にあります。これは、佐賀県の産業構造の変化や特定産業の景気動向によるもので、労働市場におけるスキルや職種の需要に変動をもたらしています。

正社員求人のわずかな上昇
正社員の有効求人倍率がわずかに上昇していることは、正社員を求める企業のニーズが継続していることを示しています。これは、安定した雇用形態への需要が依然として高いことを意味し、求職者にとっては正社員ポジションの機会が存在することを示しています。

ハローワークのマッチング機能
ハローワークのマッチング機能による就職件数と充足数のデータは、公的な就職支援サービスが地域の労働市場にどのように貢献しているかを示しています。雇用保険受給者の早期再就職件数の減少は、再就職支援の強化や労働市場への迅速な適応が必要であることを示唆しています。

企業にとっては、産業別の動向に合わせた人材確保や、正社員雇用へのニーズに対応する戦略が重要になります。一方で、求職者は、市場の需要が高い分野のスキルを身につけることや、公的な就職支援サービスを活用することが有効です。また、地方政府や関連機関は、産業構造の変化に対応し、雇用創出のための施策を継続的に推進する必要があります。

「令和6年1月 佐賀県の有効求人倍率1.31倍 前月から0.03ポイント低下 建設業・宿泊業の求人増加 新たな雇用機会の創出」はこちら

⇒ 詳しくは佐賀労働局のWEBサイトへ