ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年(2023年)12月 山口県 有効求人倍率は1.53倍(山口労働局)

2024年1月30日

労務・人事ニュース

令和5年(2023年)12月 山口県 有効求人倍率は1.53倍(山口労働局)

引用:山口労働局 令和5年12月分及び令和5年分より

令和5年12月の山口県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

山口県の雇用情勢について、2022年度と2023年度のデータを基に詳細な分析を行った結果、いくつかのポイントが明らかになりました。2022年度と比較して、2023年度の有効求人倍率は若干の低下を示し、1.53倍になりました。これは前年度の1.54倍からわずかに下落しています。特に注目すべき点は、有効求人数が前年比0.7%増加し、29,523人に達した一方で、有効求職者数は0.3%減少して19,316人となったことです。この動きは、求職者よりも求人の方が増加傾向にあることを示しており、雇用市場が徐々に回復している兆しを見せています。

また、正社員の有効求人倍率に関しては、1.34倍とわずかに上昇しました。これは、正社員ポジションに対する需要が高まっていることを示唆しており、安定した雇用を求める動きが強まっていることを反映しています。新規求人倍率も2.31倍と前年度から若干の下落を見せましたが、依然として高い水準を維持しており、新たな雇用機会の創出が活発であることを物語っています。

雇用保険の主要指標に目を向けると、基本手当の受給資格決定件数が397件、支給金額が約164万682千円となり、雇用環境の変化に伴う支援が引き続き行われています。また、就業手当、再就職手当などの支給も活発であり、失業者への経済的サポートが充実していることがうかがえます。

総じて、山口県の雇用情勢は改善傾向にあるものの、有効求人倍率のわずかな低下や新規求人倍率の下落など、引き続き注視が必要な部分も見られます。正社員の求人倍率の上昇や雇用保険の支給実績からは、市場の需要と供給のバランスを考慮した雇用支援が重要であることが強調されています。

山口県における正社員求人倍率の上昇とその背景

山口県の労働市場に与える影響を分析すると、いくつかの重要な点が浮かび上がります。まず、2023年度の有効求人倍率が1.53倍と、前年度に比べて若干の低下を見せたことは、労働市場の供給と需要のバランスに微妙な変化があったことを示しています。しかし、この数字は依然として比較的高水準にあり、求人の数が求職者数を上回っている状況を反映しています。これは、雇用機会が比較的豊富であることを意味し、労働市場の健全性を示しています。

正社員の有効求人倍率がわずかに上昇したことは、企業が安定した雇用を提供しようとする意欲が高まっていることを示しています。これは、労働者にとっては正社員としての雇用機会が増えていることを意味し、特に長期的なキャリア形成を目指す人々にとっては好ましい状況です。

新規求人倍率のわずかな下落は、新たな雇用機会の創出ペースに若干の鈍化があったことを示していますが、依然として高いレベルを維持しているため、労働市場が活発であることを示しています。これは、新しいスキルや職種に興味がある求職者にとって、転職やキャリアアップの機会が依然として存在していることを意味します。

雇用保険の主要指標からは、基本手当の受給資格決定件数や就業手当、再就職手当などの支給実績が示されており、失業者や雇用転換を迫られている労働者への経済的支援が行われていることがわかります。これは、労働市場における変動に対するセーフティネットが機能していることを示し、労働者が新たな雇用機会を見つけるまでの間、一定の経済的保障を提供しています。

総じて、山口県の労働市場は比較的健全な状態を維持しており、安定した雇用機会の提供、新規求人の創出、失業者への支援などが行われています。これらの動向は、労働市場の柔軟性と回復力を示しており、経済全体の健全な発展に寄与していると考えられます。

「令和6年1月 山口県の有効求人倍率1.49倍 前月に比べて0.02ポイント低下 有効求人倍率が示す現状」はこちら

⇒ 詳しくは山口労働局のWEBサイトへ