ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年(2023年)12月 長崎県 有効求人倍率は1.20倍(長崎労働局)

2024年1月30日

労務・人事ニュース

令和5年(2023年)12月 長崎県 有効求人倍率は1.20倍(長崎労働局)

引用:職業安定業務月報<ながさき令和5年12月>より

令和5年(2023年)12月の長崎県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

厚生労働省が発表した情報によると、12月の有効求人倍率は1.20倍で、これは前月と同じ水準です。これにより、求人倍率が1.2倍を超えるのは既に5ヶ月連続となり、雇用市場の堅調さが示されています。

求人数の動向を見ると、新規に公開された求人は前年同月比で0.8%増加し、これは2ヶ月連続の増加です。また、新規に求職を開始した人の数も、前年同月比で4.8%増加しており、9ヶ月ぶりの増加となりました。これらの数字からは、企業側にも労働者側にも前向きな動きが見られることが伺えます。

特に注目されるのは、フルタイムの求人と求職の増加です。フルタイムの新規求人数は前年同月比で1.1%増、新規求職者数は2.5%増となりました。このデータは、正社員や長期的な雇用が増えていることを示唆しており、雇用市場の質的な改善が進んでいるとも解釈できます。

しかし、一方でパートタイムの求人は若干の減少を見せており、ここには雇用形態による市場の違いも見て取れます。企業側はフルタイムの従業員を求めている傾向にある一方で、パートタイムや短期雇用を希望する求職者も存在しており、このミスマッチが今後の課題となるかもしれません。

長崎県では、全国のトレンドと同様に雇用市場が安定していることが伺えます。求人と求職の両方でプラスの動きが見られ、地域経済にとっても好材料と言えるでしょう。今後もこのようなポジティブな動きが持続するか、引き続き注目が集まります。

安定した雇用市場 有効求人倍率1.20倍を5ヶ月連続維持

長崎県の労働市場に対する影響を考察すると、以下のようなポジティブな効果が見込まれます。

雇用機会の増加
有効求人倍率が1.20倍を維持していることは、求人数が求職者数を上回っている状況を示しており、長崎県においても安定した雇用機会が増えていることを意味します。特にフルタイムのポジションの増加は、安定した収入を求める労働者にとって好ましい環境を提供しています。

経済活動の活性化
新規求人数の増加は、企業の採用活動が活発であることを示しており、これは経済活動の拡大を意味します。企業が新たな従業員を求めていることは、事業拡大や新規プロジェクトの開始など、経済成長に寄与する動きがあることを示唆しています。

労働市場の質的改善
フルタイム求人の増加とパートタイム求人の減少の傾向は、雇用の質的な改善が進んでいることを示しています。これにより、より安定した雇用形態を求める人々に対して適切な機会が提供され、生活の質の向上にもつながります。

労働市場の動向に対する信頼感の向上
連続して求人倍率が1.20倍以上を維持していることは、長崎県の労働市場が安定しているという信頼感を与えます。これは県内外の投資家や企業にとってもポジティブなシグナルとなり、新たなビジネスの展開や投資の促進につながる可能性があります。

労働力の流動性の向上
新規求職者数の増加は、労働市場における人々の動きが活発であることを示しています。これにより、労働力の適切な配置が促され、労働市場の効率性が向上することが期待されます。

これらの影響は、長崎県における雇用の質と量の両面での改善を示唆しており、地域経済の持続的な成長に貢献することが期待されます。

「令和6年1月 長崎県の有効求人倍率1.19倍 前月より0.02ポイント下回る」はこちら

⇒ 詳しくは長崎労働局のWEBサイトへ