ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年11月 佐賀県 有効求人倍率は1.37倍(佐賀労働局)

2024年1月11日

労務・人事ニュース

令和5年11月 佐賀県 有効求人倍率は1.37倍(佐賀労働局)

引用:佐賀労働局 一般職業紹介状況 <令和5年11月分>より

令和5年11月の佐賀県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

令和5年11月の日本の労働市場における季節調整後のデータによると、有効求人倍率は1.37倍に上昇しており、これは前の月よりも0.03ポイント高い数値です。この倍率は全国平均の1.28倍や九州・沖縄地方の1.22倍と比較しても高く、労働市場の活発さを示しています。さらに、就業地別では、有効求人倍率が1.60倍に達し、これも前月比で0.04ポイントの上昇を見せています。

一方で、有効求職者数は0.9%の減少を示し、有効求人数は1.2%増加しています。これは、求職者数が減少する一方で、求人の数は増加していることを意味し、市場の供給と需要のバランスに変化が生じていることを示唆しています。

新規求人倍率に目を向けると、2.18倍となり前月から0.06ポイントの低下が見られますが、新規求職者数は7.2%増加し、新規求人数も3.9%増加しており、労働市場に新たな動きがあることがわかります。全国平均と比較しても、新規求人倍率は高い水準を維持しています。

このように、令和5年11月の労働市場は求人倍率の上昇、求職者数の減少、新規求人数の増加という複数の動きを示しており、労働市場の健全な活動が続いていることが読み取れます。特に有効求人倍率の上昇は、労働市場の強さを示す重要な指標となっています。

新規求人倍率の高水準を維持する佐賀県の雇用動向

令和5年11月の佐賀県の労働市場に対する影響は以下のように考えられます

有効求人倍率の上昇
1.37倍への上昇は、佐賀県の労働市場が活発であることを示しています。この数値が全国平均や九州・沖縄地方の平均を上回っていることは、佐賀県の労働市場が比較的強い需要を持っていることを意味します。

求職者数の減少と求人数の増加
求職者数が0.9%減少し、一方で求人数が1.2%増加していることは、佐賀県の労働市場における仕事の機会が増え、仕事を探している人が減っていることを示しています。これは、雇用市場の供給と需要のバランスが変化していることを示唆しており、企業にとっては採用環境が良好であることを意味します。

新規求人倍率の動向
新規求人倍率が2.18倍で、前月からわずかに低下していますが、依然として高い水準を維持しています。このことは、新しい雇用機会が引き続き多いことを示しています。

新規求職者数の増加と新規求人数の増加
新規求職者数が7.2%増加し、新規求人数も3.9%増加していることは、労働市場が活動的であることを示しています。

これらの点を踏まえると、佐賀県の労働市場は安定し、また活発な状況にあると言えます。企業の採用担当者は、このような市場の状況を理解し、適切な採用戦略を立てることが重要です。特に求人数の増加は、新しい人材を確保する良い機会となるでしょう。

⇒ 詳しくは佐賀労働局のWEBサイトへ

令和5年(2023年)12月 佐賀県 有効求人倍率は1.35倍(佐賀労働局)はこちら