ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年11月 大分県 有効求人倍率は1.41倍(大分労働局)

2024年1月11日

労務・人事ニュース

令和5年11月 大分県 有効求人倍率は1.41倍(大分労働局)

引用:大分労働局 大分県の雇用情勢(令和5年11月分)より

令和5年11月の大分県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

令和5年11月の大分県における労働市場の状況は、大分労働局から報告された通り、有効求人倍率が1.41倍という高い水準を維持していますが、求人数に若干の減少傾向が見られることが確認されています。これは、物価上昇などの経済状況が雇用市場に与える影響を注意深く観察する必要があることを示しています。

季節調整後の有効求人倍率は、前月と同じ1.41倍を維持しており、平成27年2月以来106か月連続で1.0倍以上の状態が続いています。また、季節調整後の有効求人数は前月比で0.6%増加し、2か月連続の増加傾向を示しています。一方で、有効求職者数は前月比で0.7%増加し、4か月ぶりの増加となっています。

この情報は、大分県の労働市場が一定の安定性を保ちつつも、経済全体の変動による影響に敏感であることを示唆しています。特に求人数の動きは、今後の労働市場の動向を把握する上で重要な指標となるでしょう。

大分県労働市場の現状分析 高い有効求人倍率が示す機会

令和5年11月の大分県における有効求人倍率から読み取れる大分県の労働市場への影響は以下の通りです。

高い有効求人倍率の維持
1.41倍という高い有効求人倍率の維持は、大分県の労働市場において仕事の機会が比較的豊富であることを示しています。これは、労働者にとって多様な選択肢がある健全な市場環境を意味します。

求人数のわずかな減少傾向
求人数に見られるわずかな減少傾向は、一部の産業や職種において雇用機会が減少している可能性を示唆しています。これは、経済全体の変動、特に物価上昇などが影響していると考えられます。

有効求人数の増加
前月比0.6%増の有効求人数は、市場に新しい雇用機会が生まれていることを示しています。これは、経済の回復や市場の活性化を反映している可能性があります。

有効求職者数の増加
0.7%増加した有効求職者数は、市場に新しい労働力が参入していること、または既存の労働者が新しい仕事を探していることを示しています。これは、労働市場の動きが活発であることを示しています。

これらの情報から、大分県の労働市場は全体的に安定しており、多様な雇用機会が存在していると言えます。しかし、求人数のわずかな減少傾向には注意が必要であり、経済の変動に対する警戒を継続することが重要です。企業の採用担当者は、これらの市場状況を踏まえた上で、適切な採用戦略を策定する必要があるでしょう。

⇒ 詳しくは大分労働局のWEBサイトへ

令和5年(2023年)12月 大分県 有効求人倍率は1.41倍(大分労働局)はこちら