ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年11月 山口県 有効求人倍率は1.51倍(山口労働局)

2024年1月11日

労務・人事ニュース

令和5年11月 山口県 有効求人倍率は1.51倍(山口労働局)

引用:山口労働局 山口県の雇用情勢(令和5年11月分)についてより

令和5年11月の山口県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

令和5年11月時点の日本の労働市場に関するデータを見ると、求人に対する求職者の比率である有効求人倍率は1.51倍で、これは前の月よりも0.02ポイントのわずかな低下を示しています。

具体的な数値で見ると、求職者の数(季節調整後の数値)は19,374人で、前月と比較して0.1%の増加が見られました。一方で、求人の数(季節調整後の数値)は29,314人で、前月と比べて0.9%減少しています。

令和5年11月の時点での基本的な判断としては、県内の雇用情勢は回復の動きが続きつつある一方で、依然として求人数が求職者数を上回る状況が継続しています。これは15か月連続で同様の判断が維持されている状況です。これらの情報は、現時点での日本の労働市場の動向を理解する上で重要な指標となります。

求職者数増加の影響 山口県の雇用市場における新たなチャンス

令和5年11月時点での山口県の労働市場に関して以下の影響が考えられます。

有効求人倍率の低下
有効求人倍率が前月比でわずかに低下していることから、山口県の労働市場は若干の緩和が見られる可能性があります。これは、求人数と求職者数のバランスが変化していることを示唆しています。

求職者数の増加
求職者数がわずかに増加していることは、新たに仕事を探している人が増えているか、または仕事を失った人が市場に戻ってきていることを意味します。これは、労働市場に新しい労働力が流入していることを示している可能性があります。

求人数の減少
一方で、求人数が減少していることは、一部の産業や職種で雇用機会が減少していることを示しているかもしれません。これは、特定のセクターにおける経済活動の鈍化や、企業が新規採用を控えていることが原因である可能性があります。

雇用情勢の持ち直し
全体として、山口県の雇用情勢は持ち直しの動きが続いており、求人が求職を上回る状況が15か月連続で維持されています。これは、地域の労働市場が比較的安定しており、仕事を求める人に対して十分な求人が存在することを示しています。

これらの点から、山口県の労働市場は一定の回復傾向を示しているものの、一部の産業や職種においては変動が見られる可能性があります。また、求人と求職者のバランスに注目し、労働市場の動向を継続的に観察することが重要です。

⇒ 詳しくは山口労働局のWEBサイトへ

令和5年(2023年)12月 山口県 有効求人倍率は1.53倍(山口労働局)はこちら