ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和5年11月 長崎県 有効求人倍率は1.20倍(長崎労働局)

2024年1月11日

労務・人事ニュース

令和5年11月 長崎県 有効求人倍率は1.20倍(長崎労働局)

引用:長崎労働局 職業安定業務月報ながさき令和5年11月より

令和5年11月の長崎県の有効求人倍率分析 日本の労働市場の最新動向

令和5年11月の長崎県における労働市場の状況を長崎労働局が報告しています。この報告によると、有効求人倍率は1.20倍で、これは前月と比較して0.03ポイントの低下を示しています。しかしながら、この数値は4か月連続で1.2倍以上を維持していることから、労働市場は一定の安定性を保っています。

さらに、季節調整後の有効求人数は前月比で2.7%減少しており、有効求職者数も0.3%減少しています。これは、求人と求職者の双方が若干減少していることを示しており、市場の動きにわずかな変化があることを示唆しています。

新規求人倍率に関しては1.94倍であり、これは季節調整後の数値です。新規求人数(原数値)は前年同月比で0.8%増加し、2か月ぶりに増加傾向を見せています。一方で、新規求職者数(原数値)は前年同月比で6.0%減少し、8か月連続の減少が続いています。

これらのデータから、長崎県の労働市場は一定の安定性を保ちながらも、いくつかの変動が見られることが分かります。特に新規求人数の増加は市場の活性化を示していますが、新規求職者数の減少は市場の供給面における変化を意味しています。

新規求人倍率の高水準が示す長崎県の雇用機会

長崎県の労働市場に関する令和5年11月の報告によれば、次のような影響が考えられます。

有効求人倍率の安定性
1.20倍という有効求人倍率は、前月と比較してわずかに減少していますが、4か月連続で1.2倍以上を維持していることから、長崎県の労働市場は一定の安定性を保っていると言えます。これは、求人と求職者のバランスが比較的安定していることを示しています。

求人数と求職者数の微減
有効求人数と有効求職者数が共に減少していることは、労働市場における供給と需要が若干減少していることを示しています。これは、市場の動きに微妙な変化があることを意味しており、採用担当者は市場の動向に注意を払う必要があります。

新規求人倍率の高水準
1.94倍という新規求人倍率は、市場に新しい雇用機会が引き続き多いことを示しています。この高水準は、市場が活性化していることの指標となります。

新規求人数の増加と求職者数の減少
新規求人数が前年同月比で増加している一方で、新規求職者数が減少していることは、市場の供給面での変化があることを示唆しています。求職者数の減少は、市場における労働力の不足を表している可能性があります。

これらの点から、長崎県の労働市場は一定の安定性を保ちつつも、新規求人数の増加と求職者数の減少による供給面の変化に注意を払う必要があります。企業の採用担当者は、これらの市場状況を踏まえた上で、適切な採用戦略を立てることが重要です。

⇒ 詳しくは長崎労働局のWEBサイトへ

令和5年(2023年)12月 長崎県 有効求人倍率は1.20倍(長崎労働局)はこちら