ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和6年度 長崎県が提供するデジタル化支援補助金

2024年2月13日

労務・人事ニュース

令和6年度 長崎県が提供するデジタル化支援補助金

令和6年度長崎県デジタル力向上支援事業費補助金

長崎県は、中小企業や小規模事業者の生産性と業務の効率化を促進するため、デジタル技術の活用を推進しています。この取り組みの一環として、「長崎県デジタル力向上支援事業」を展開し、関連する人材の育成や最新のIT機器、デジタルツールの導入を支援する補助金を提供しています。この記事では、令和6年度の補助金プログラムについて、申請方法や条件など、必要な情報を詳しく説明します。

この補助金は、長崎県内で事業を行う中小企業や小規模事業者が対象で、デジタル化によるビジネスの成長を目指す企業を支援します。ただし、大企業や前年度に同様の補助金を受け取った事業者は除外されます。補助金の額は最大100万円で、補助率は経費の3分の2までとされています。重要なのは、この補助金を受けるためには、申請者が一定の条件を満たす必要があり、申請は一事業者につき一度限りです。

補助金の使途は、主にデジタル技術関連の人材育成費用や、IT機器、デジタルツールの導入費用に限定されます。人材育成には、デジタル技術に関する講座の受講や資格取得が含まれ、導入費用には、これらの学習を支援するための機器やツールの購入が含まれます。

申請の締切は令和6年3月31日であり、申請手続きは詳細なガイドラインに従って行われます。申請書類は郵送に加え、電子メールでの提出も必要です。補助金の申請から交付決定、事業の実施、最終的な報告までの流れには、複数のステップがあり、各ステップで必要な書類や手続きが定められています。

補助金を利用した事業完了後、事業者は補助金の請求とともに、実施した内容の報告を行う必要があります。また、補助金を受けた資産の管理や処分に関しても、長崎県の指示に従う必要があることに留意してください。

長崎県によるこの支援は、地域内の企業がデジタル化の波に乗り、競争力を高めるための貴重な機会です。興味のある事業者は、条件を確認し、期限内に申請することが推奨されます。

⇒ 詳しくは長崎県のWEBサイトへ