労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年 古河市の新たな省エネ支援策 中小企業への補助金提供開始

2024年5月2日

労務・人事ニュース

令和6年 古河市の新たな省エネ支援策 中小企業への補助金提供開始

令和6年 古河市中小企業向け省エネ診断等促進補助金

古河市では、地球温暖化対策の一環として、地元中小企業に向けた省エネルギー支援の取り組みを強化しています。この補助金プログラムは、企業が省エネ診断及びそれに基づく省エネ対策を実施することを支援することで、環境保全と経済的なサポートを目指しています。

補助金の対象となるのは、古河市内に事業所を持つ中小企業や小規模企業で、個人事業主や法人も含まれます。この補助金を受けるためには、企業の代表者や役員が古河市の暴力団排除条例に違反していないことが求められます。また、補助金は他の公的資金を受けていない事業の自己負担部分に適用されます。

補助金によって支援されるのは、「省エネお助け隊」、「省エネ最適化診断」、および「省エネ診断拡充事業」など、省エネルギー診断とその後の対策導入です。これらのプログラムは、施設のエネルギー消費状況を詳細に分析し、どのように改善できるか具体的な提案を行います。診断結果に基づいて、専門機関が省エネ取り組みのアドバイスやさらなる補助金情報を提供することで、実施企業の負担を軽減します。

補助金の申請にあたっては、申請前に必ず古河市のカーボンニュートラル推進室に相談することが求められます。対象事業の費用の中で自己負担が必要な部分に対して補助が行われ、その上限は3万円です。申請は一企業につき一度のみとされており、予算の範囲内で受付が行われます。申請書類は古河市役所のカーボンニュートラル推進室に提出されます。

この補助金制度を利用することで、中小企業は環境への負担を減らしつつ、経済活動を行うための支援を受けることができます。古河市はこの取り組みを通じて、持続可能な発展を目指す企業の努力を後押しし、地域全体のカーボンニュートラルへの移行を促進しています。

⇒ 詳しくは古河市役所のWEBサイトへ