労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年 地球にやさしい選択!南相馬市の次世代自動車補助金制度

2024年4月28日

労務・人事ニュース

令和6年 地球にやさしい選択!南相馬市の次世代自動車補助金制度

令和6年 南相馬市次世代自動車導入促進事業補助金

南相馬市は、温暖化対策として環境に優しい次世代自動車の普及を目指し、電気自動車や燃料電池自動車の購入を支援する補助金制度を設けています。この取り組みは、走行時に二酸化炭素を排出しないクリーンな車両への移行を促進することを目的としています。

補助金の対象となるのは、南相馬市に住所または事業所を有する市民や事業者であり、新車の購入と同時に車両登録が市内で行われる場合に限られます。また、市税が未納でないことや、関連する条例に基づき暴力団員ではないことが条件とされています。

補助の内容としては、電気自動車には10万円、燃料電池自動車には30万円の固定額が設定されています。補助を受けるためには、車両購入後180日以内に申請する必要があり、購入の証明や車両検査証の提出が求められます。リースを通じての申請も可能ですが、補助金がリース料に直接充当される形になります。

申請受付は、2024年4月1日から2025年3月31日までの期間、週末や祝日を除く平日のみとされており、予算の範囲内での受付となるため、予算枠が埋まり次第締め切られます。必要書類には、申請書、収支決算書、暴力団員でないことの誓約書、車検証のコピーなどが含まれ、これらは市の環境政策課に直接提出する必要があります。

この補助金制度は、地球温暖化防止はもちろんのこと、市民の新たな自動車導入を支援し、将来的には南相馬市の交通環境をよりクリーンで持続可能なものにしていくための重要な一環です。購入を考えている市民や事業者にとって、この機会を活用することで環境負荷の低減と経済的な支援を同時に受けることができます。

南相馬市における次世代自動車の普及を目指したこの補助金制度により、持続可能な社会への貢献だけでなく、市民生活の質の向上を図ることが期待されます。興味のある方は、申請条件を確認の上、環境政策課への問い合わせをお勧めします。

⇒ 詳しくは南相馬市役所のWEBサイトへ