労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年1月の国内船舶輸送動向 総輸送量24,123千トン、主要品目における減少と増加の詳細分析

2024年5月7日

労務・人事ニュース

令和6年1月の国内船舶輸送動向 総輸送量24,123千トン、主要品目における減少と増加の詳細分析

内航船舶輸送統計月報の概要(令和6年1月分)(国交省)

日本の国内海運の最新の動向についての詳細な分析を行いました。この分析は、2023年1月のデータに基づいています。全体の輸送量は、前年の同じ月と比較して減少しており、24,123千トン、トンキロでは12,091百万トンキロを記録しました。特にコンテナやシャーシの取り扱いも1,524千トンと637千トンで、やはり前年に比べて少なくなっています。

品目別に見ると、10の主要品目が輸送量の多くを占めており、その中で鉄鋼や石炭は増加傾向にある一方で、セメントや化学薬品は大幅に減少しています。特に化学薬品はトンキロベースで12.4%の大きな落ち込みを見せています。このような動向は、産業活動の変化や市場需要の変動を反映している可能性があります。

燃料消費量と航海距離についても詳細な分析を行いました。燃料消費量は170,811千リットルで、前年同月比で11.4%の減少を記録し、航海距離も9,944千キロメートルと11.5%減少しています。この減少は、運航効率の改善や環境への配慮、または運航コストの削減に努める船舶会社の取り組みが反映されているものと考えられます。

輸送効率についても言及する価値があります。全体としては40.0%の効率を示しており、貨物船は39.4%、油送船では41.1%となっています。この数字からも、特定の船舶タイプにおける効率化の進展が見て取れます。

以上の統計は、「内航船舶輸送統計月報」に基づいており、このようなデータの詳細な分析を通じて、国内の物流動向や経済状況の理解を深めることができます。今後も定期的な更新を行い、最新の情報を提供していきますので、ご関心のある方はぜひ参照してください。

これらの情報は、総合政策局情報政策課によって提供されており、詳細な情報やデータの利用については、交通経済統計調査室までお問い合わせください。

⇒ 詳しくは国土交通省のWEBサイトへ