ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 令和6年2月 大分県の有効求人倍率1.40倍 -0.01ポイント下回る 求人倍率微減

2024年3月29日

労務・人事ニュース

令和6年2月 大分県の有効求人倍率1.40倍 -0.01ポイント下回る 求人倍率微減

引用:大分労働局 大分県の雇用情勢(令和6年2月分)より

大分県の雇用情勢(令和6年2月分)(大分労働局)

大分県の労働市場では、2023年2月の有効求人倍率が1.40倍と前月からわずかに下降し、3か月ぶりの減少を記録しました。求人数は25,721人で前月比わずかな増加を見せましたが、求職者数も18,334人と増加し、これが求人倍率の微減につながったようです。特に正社員向けの求人倍率は1.28倍で、前年同月と変わらず、32ヶ月連続で1倍以上を維持しています。

産業別では、卸売業や小売業、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉業界で求人が増えています。一方、建設業や製造業、情報通信業、運輸・郵便業、生活関連サービス業・娯楽業、その他のサービス業では求人数が減少しました。

求職状況を見ると、新規の求職申込数は前年同月比で3.5%減少し、特に常用フルタイムの求職者は5.4%の減少を見せました。求職者の中では在職者が10.4%減少しており、離職者や無業者も減少傾向にあります。

地域別の有効求人倍率では、大分所が1.79倍で最も高く、日田所が1.15倍で最も低かったことが分かります。また、雇用保険の受給者数は前年同月比で7.6%増加しており、地域の雇用状況に変化が生じていることがうかがえます。

このように、大分県の労働市場は部分的には安定しているものの、特定の産業や地域での求人減少や求職活動の縮小が見られ、物価上昇などの経済的影響が雇用状況に反映され始めています。今後も市場の動向を注意深く監視し、変化に対応する必要があるでしょう。

大分県の労働市場動向 2023年2月の詳細分析と未来予測

大分県の労働市場における最新の状況は、僅かな変動が見られるものの、比較的安定していると言えます。2023年2月における有効求人倍率の微減は、求人数のわずかな増加と求職者数の増加によるものです。この状況は、労働市場が様々な外部要因により日々変動していることを示しています。

特に、建設業や製造業などの一部産業では求人が減少している一方で、卸売業、小売業、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉業界では求人が増加しています。これらの変動は、経済状況、産業構造の変化、季節的な要因など様々な要素に影響されています。

労働市場におけるこれらの動きは、大分県の雇用状況にも影響を与えています。例えば、新規の求職申込数が減少していることや、特に常用フルタイムの求職者数が減少していることから、市場全体の雇用環境に変化が起こっていることが伺えます。また、地域別の有効求人倍率にも差があり、特定の地域での雇用機会の多さや少なさが明らかになっています。

これらの情報は、大分県の労働市場における現在の動向と将来の展望を理解するのに重要です。求人と求職のバランス、産業別の動向、地域別の雇用状況などを考慮することで、労働市場の健全な発展を促進し、経済的安定に寄与する施策を立てるための基礎資料となります。

企業の採用担当者にとっては、これらの情報が特に重要です。市場の動向を把握することで、効果的な採用戦略を立て、求人活動を最適化することが可能になります。特に、求人が増加している産業や地域に注目し、そこでの採用機会を最大化することが、企業にとって有益な戦略となるでしょう。

⇒ 詳しくは大分労働局のWEBサイトへ