労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年2月 山口県の有効求人倍率1.47倍 前月に比べて0.02ポイント低下

2024年3月29日

労務・人事ニュース

令和6年2月 山口県の有効求人倍率1.47倍 前月に比べて0.02ポイント低下

引用:山口労働局 山口県の雇用情勢(令和6年2月分)についてより

山口県の雇用情勢(令和6年2月分)について(山口労働局)

山口県の雇用状況について、2024年2月のデータをもとに詳しく見てみましょう。この月、山口県では有効求人倍率が1.47倍となり、前月からわずかに減少しました。有効求職者数は19,622人で、1.3%の増加を見せました。一方、有効求人数は28,812人とほぼ変わらず、前月と比較して0.0%の増加にとどまりました。

雇用市場における求人と求職の動向は、地域経済の状態を反映する重要な指標です。山口県では、求職者数の増加にもかかわらず、求人数の伸びが停滞していることから、労働市場が完全には回復していない状況がうかがえます。この状況は、企業が新規採用に慎重な姿勢を取っていることを示している可能性があります。

また、パートタイムを含む全体の就職状況を見ると、新規求職申込件数は前年同月と比べて減少していますが、就職件数にはわずかながら増加が見られます。このことは、求職活動が一定の成果を上げ始めていることを示唆しています。特に、パートタイムの雇用が活発になっている部分も見受けられます。

業種別に見ると、建設業では求人数が増加していますが、製造業や小売業、宿泊業・飲食サービス業などは減少傾向にあります。これは、産業ごとの経済状況や市場の需要に大きく左右される結果と言えるでしょう。また、地域別の有効求人倍率を見ると、市町村ごとに大きな差があり、地域によっては雇用状況が良好なところもあれば、そうでない場所もあります。

以上のデータから、山口県の労働市場は部分的には改善の兆しを見せているものの、産業や地域によってはまだ厳しい状況が続いていることが分かります。企業や求職者は、このような市場の動向を踏まえた上で、対策を練る必要がありそうです。

山口県の雇用市場分析 2024年2月の求人と求職の動向

山口県の労働市場における影響を考えると、特に求人と求職の動向が大きな注目を集めています。2024年2月の有効求人倍率は1.47倍で、わずかに下降したものの、求職者数は前月比で1.3%増加しました。これは、就職市場が徐々に活発になりつつあることを示していますが、一方で求人数の伸び悩みは、企業側の採用活動に慎重さがあることを示唆しています。

求人の伸び悩みは、特に地域経済において重要な製造業や小売業、宿泊業、飲食サービス業など、一部の業種で顕著です。これらの産業は地域経済にとって重要な役割を担っているため、これらの分野での求人数の減少は、地域経済全体の回復に影響を与える可能性があります。

一方で、建設業では求人数が増加しており、この業界における活動の再活性化が見られます。地域によっては雇用状況が改善している場所もあることから、一様に雇用市場が悪化しているわけではありません。

山口県の労働市場におけるこれらの動向は、企業の採用戦略や政策立案に重要な情報を提供します。市場の需要と供給のバランスを考えると、特定の業種や地域においては、労働市場の活性化や雇用機会の創出に向けた取り組みが必要とされます。

⇒ 詳しくは山口県のWEBサイトへ