労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年3月の法人取引量指数:全国平均242.3ポイント、前月比6.0%減少

2024年7月9日

労務・人事ニュース

令和6年3月の法人取引量指数:全国平均242.3ポイント、前月比6.0%減少

法人取引量指数 令和6年3月分を公表(試験運用) ~全国において、前月比6.0%下落~(国交省)

令和6年6月28日、不動産・建設経済局不動産市場整備課は法人取引量指数の令和6年3月分を公表しました。今回の発表は試験運用として行われ、全国における取引量の前月比が6.0%下落したことが明らかになりました。この指数は、登記データをもとに法人が取得した既存建物(住宅および非住宅)の移転登記量を加工・指数化したもので、毎月発表されています。最新のデータでは、住宅と非住宅の取引量がともに減少していることがわかります。

具体的には、令和6年3月の合計季節調整値は前月比6.0%減の242.3となり、住宅合計の季節調整値は前月比4.6%減の266.9でした。戸建住宅の季節調整値は前月比4.8%減の312.0、マンションの季節調整値は前月比4.4%減の227.4、非住宅の季節調整値は前月比9.1%減の198.6でした。この指数の計算は、各月の取引量における季節性を排除するため、季節調整が行われています。また、既存住宅販売量指数と比較できるようにするため、マンションにおいて床面積30㎡未満の数値を含んだものと除去したものを併用して公表しています。

令和6年3月分の法人取引量指数は、各地域で異なる動きを見せています。例えば、南関東圏(埼玉・千葉・東京・神奈川)では、全体的に取引量が減少しており、名古屋圏(岐阜・愛知・三重)でも同様の傾向が見られます。京阪神圏(京都・大阪・兵庫)でも取引量は減少しており、特に大阪府では大幅な減少が報告されています。

この法人取引量指数の公表は、不動産市場の動向を把握するために重要な指標となります。登記データをもとにした正確な取引量の把握は、不動産市場の健全な発展を促進するために不可欠です。また、法人による取引は市場全体に大きな影響を与えるため、この指数の動向を注視することが重要です。

今回の発表では、サブインデックスとして建物の構造や面積帯別のデータも公表されました。これにより、より詳細な取引動向を把握することが可能となります。例えば、戸建住宅やマンションの取引量が減少している一方で、非住宅の取引量も大幅に減少していることが確認されています。特に、マンションの取引においては、30㎡未満の小規模な物件の取引量が増加している現状に鑑みて、これらのデータを併用して公表することで、より正確な市場動向を把握することが可能となります。

この法人取引量指数の発表により、不動産市場に関する情報が一層充実し、今後の市場動向を予測するための重要なデータが提供されることが期待されます。特に、法人による大規模な取引は市場全体に大きな影響を与えるため、この指数の動向を注視することが求められます。

今後も、国土交通省は毎月この法人取引量指数を発表していく予定です。不動産市場の健全な発展を促進するためには、正確なデータの提供が不可欠であり、この指数の公表はその一助となるでしょう。企業や投資家、そして市場参加者にとって、これらのデータを活用して適切な意思決定を行うことが重要です。

今回の発表に関心のある方々は、不動産・建設経済局不動産市場整備課の公式ウェブサイトで詳細情報を確認することができます。問い合わせ先として、不動産・建設経済局不動産市場整備課の片田課長補佐、平田氏、橋本氏が挙げられています。彼らが提供する詳細なデータや解説をもとに、市場の動向を把握し、適切な対策を講じることが求められます。

また、今回のデータは試験運用として発表されているため、今後さらに精度が向上し、より信頼性の高いデータが提供されることが期待されます。これにより、不動産市場の透明性が高まり、健全な市場の形成が促進されるでしょう。企業や投資家にとって、正確なデータに基づいた意思決定はリスクの軽減に繋がり、より効果的な市場参入が可能となります。

この法人取引量指数の発表を契機に、不動産市場に関する情報がさらに充実し、今後の市場動向を予測するための重要なデータが提供されることを期待しています。不動産市場の健全な発展を目指し、引き続きデータの公表や分析が進められていくことが望まれます。これにより、企業や投資家、そして市場参加者がより良い意思決定を行い、市場全体の発展に寄与することができるでしょう。

⇒ 詳しくは国土交通省のWEBサイトへ