労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年3月 山口県の有効求人倍率1.48倍 0.01ポイント上回る

2024年5月1日

労務・人事ニュース

令和6年3月 山口県の有効求人倍率1.48倍 0.01ポイント上回る

山口県の雇用情勢(令和6年3月分)(山口労働局)

山口県の2024年3月の労働市場に関する最新情報では、有効求人倍率が1.48倍に上昇しており、前月と比べて0.01ポイントの増加が見られました。この数字は、2023年度全体で見ると1.49倍で、前年度からは0.05ポイント下降しています。このような変動は、労働市場の微妙なバランスの変化を示しており、雇用の機会と求職活動の状況を反映しています。

具体的には、新規の求職者数が減少している一方で、求人数自体はほぼ安定しており、求職者一人当たりの求人機会がわずかに増加しています。これは、市場に新たな職が創出されているわけではなく、既存の職に空きが出ていることを意味しています。また、パートタイムを含む一般的な求人の状況に目を向けると、求人数が若干の減少を見せていますが、これは季節的な要因や経済の微妙な変動によるものかもしれません。

この情報は、地元のハローワークやインターネットサービスを通じて得られるもので、求職者や雇用者双方にとって重要な指標となります。特に、雇用者はこれらのデータを基に、採用計画を立てたり、求人活動を強化することが期待されます。一方、求職者にとっては、どの業界や職種が活発であるかを知る手がかりとなり、効果的な求職活動を展開するための参考になるでしょう。

このように、山口県の労働市場は、少しずつ変化しており、各個人がその変化を理解し、適応していくことが求められています。今後も、山口県内の雇用状況に関する最新の情報に注目し、地域経済の発展に貢献できるような動きを見守っていくことが重要です。

⇒ 詳しくは山口労働局のWEBサイトへ