労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 令和6年4月の建設市場レポート 建設資材の需給と価格動向の全国調査結果を詳細解説

2024年5月8日

労務・人事ニュース

令和6年4月の建設市場レポート 建設資材の需給と価格動向の全国調査結果を詳細解説

4月の主要建設資材の需給動向はアスファルト合材(新材)がやや緩和、その他の資材は均衡(国交省)

国土交通省は、建設業界における資材の安定供給と価格安定を目指し、各種建設資材の需給状況や価格変動を調査し、その結果を発表しました。この調査は、建設現場で使用される主要な資材に焦点を当て、全国各地のデータを基に実施されています。

調査によると、最新のデータでは、特にアスファルト合材の供給が若干緩和されている一方で、骨材(砂や砂利)の価格が小幅に上昇しています。他の主要資材に関しては、価格が横ばいで推移しており、大きな変動は見られませんでした。また、資材の在庫状況は全体的に「普通」レベルで保たれていることが確認されています。

このような情報は、建設事業者や関連企業にとって非常に重要であり、事業計画や資材調達戦略の立案に役立てられます。国土交通省は、今後も定期的にこのような調査を続け、建設市場の安定を図るためのデータ提供を行っていく方針です。

この調査結果の詳細については、国土交通省のウェブサイトまたは直接お問い合わせいただくことで、より詳しい情報が得られます。建設業界の動向に関心のある方々は、ぜひこの機会に最新の市場情報を得て、今後の業務に活かしていただきたいと思います。

以上が、令和6年4月に行われた主要建設資材の需給と価格動向に関する調査結果の概要です。今後も状況の変化に応じた適切な情報提供を心がけていく所存です。

⇒ 詳しくは国土交通省のWEBサイトへ