ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 企業のリスク対策強化 – 大分市のBCP策定支援プログラム

2024年1月26日

労務・人事ニュース

企業のリスク対策強化 – 大分市のBCP策定支援プログラム

令和5年度 中小企業者の事業継続に関する計画(BCP)策定支援

大分市は、中小企業が様々な危機に立ち向かえるよう、事業継続計画(BCP)の策定をサポートする新しい取り組みを開始します。この支援は、自然災害や感染症の流行、サイバー攻撃などの予期せぬ状況において、企業の活動を継続し、ダメージを最小限に抑えることを目的としています。

支援の対象は、市内に事業所を構え、一定の条件を満たす中小企業です。これには、市税の滞納がなく、他の機関から同様の支援を受けていない企業などが含まれます。また、大企業が過半数の株式を所有していないことも条件の一つです。

申請期間は令和5年4月3日から令和6年3月29日までで、受付は本庁舎9階の創業経営支援課で行われます。支援内容としては、補助対象となる経費の3分の2を補助し、上限は30万円となっています。ただし、支援を受けるためには、計画が市内の事業所を中心に作られていること、また、他の事業者との協力により策定されたものであることが求められます。

この支援策により、大分市は中小企業の強固な経営基盤を築くことを目指しています。企業にとっては、緊急時のリスクを低減し、ビジネスの継続性を高める機会となるでしょう。

⇒ 詳しくは大分市のWEBサイトへ