ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 信頼の証!インボイス制度対応スタンプ、貴社は作成されましたか?

2023年10月26日

お知らせ

信頼の証!インボイス制度対応スタンプ、貴社は作成されましたか?

インボイス制度に対応したスタンプの準備は取引先との信頼関係を築く上で欠かせない要素となっています。適切な対応をすることで、ビジネスの流れをスムーズにし、企業の信頼性を強化することができます。

インボイス制度対応スタンプお申込用紙はコチラ

インボイス制度対応スタンプが必要な理由とは?

インボイス制度とは何でしょうか。この制度は、税務の透明性を高めることを目的としています。具体的に書くと「仕入税額控除」を受けるための新しい制度です。

企業や事業者が取引時に消費税額を明示したインボイス(請求書)を発行・受領する必要がある制度となります。このため、インボイスに関する適切な管理や確認が求められるようになりました。

インボイス制度に対応したスタンプは、この制度に基づいて発行される請求書の確認や承認を効率的に行うためのツールとしての役割を果たします。

スタンプがあることで、一目でその請求書がインボイス制度に対応していることがわかり、取引先とのやり取りが迅速かつスムーズに進行します。

インボイス制度対応スタンプの影響とは

例えば、A社とB社が取引を行うシチュエーションを考えてみましょう。

A社は商品をB社に販売し、その際の請求書を発行します。この請求書はインボイス制度に基づいて作成されており、該当する消費税額も明示されています。

A社がこの請求書にインボイス制度対応スタンプを押すことで、B社はすぐにこの請求書が制度に準拠していることを認識できます。

逆に、C社という別の企業がD社に商品を販売する場面を考えてみます。C社はインボイス制度に対応したスタンプを持っておらず、そのため請求書にはスタンプが押されていません。

D社はこれを受け取った際、まず請求書が制度に準拠しているのかどうかを確認する手間が増え、さらにC社への信頼が薄れる可能性があります。

このように、対応スタンプを持つことで、取引先とのコミュニケーションが円滑になり、トラブルのリスクも減少するかと思います。

早めのインボイス制度対応スタンプのご準備を!

インボイス制度対応スタンプの準備は、ビジネスシーンにおいては必須とも言える行動です。

取引先との信頼関係を築くため、また、業務の効率化を図るためにも、このスタンプの導入を検討することを強くおすすめします。正確で迅速な情報の提供は、企業の信頼性やイメージを高めるだけでなく、ビジネスの成長をサポートする強力な武器となります。

株式会社パコラでは求人・広告の取り扱いだけではなく、会社を運営する上で必要なツールなどもお取り扱いしております。

インボイス制度対応スタンプもお取り扱いしておりますので、お気軽にお声掛けください。

インボイス制度対応スタンプお申込用紙はコチラ

インボイス制度対応スタンプに関するお問い合わせは下記リンクよりお問い合わせできます。お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら