労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 光市、家庭向け脱炭素支援を強化!総額予算500万円のエコスタイルサポート補助金で省エネ設備導入を支援

2024年7月3日

労務・人事ニュース

光市、家庭向け脱炭素支援を強化!総額予算500万円のエコスタイルサポート補助金で省エネ設備導入を支援

令和6年度光市エコスタイルサポート補助事業

光市では、家庭の脱炭素化を促進するために「未来のために今挑む 脱炭素推進プロジェクト」に基づき、LED照明設備や宅配ボックスの設置を支援する取り組みを引き続き実施します。また、ZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やCO2削減効果の高い設備の導入も支援対象となります。これらの施策は第3次光市環境基本計画に基づいており、家庭でのエネルギー消費を減らすことを目的としています。

補助金の申請受付期間は令和6年5月8日から令和7年2月28日までとなっています。ただし、予算枠に達した時点で受付を終了するため、早めの申請が推奨されます。申請は平日の8時30分から17時15分の間に環境政策課窓口で行ってください。なお、土曜日、日曜日、祝日、年末年始は受け付けていません。

本事業の予算は5,000,000円であり、補助対象となる設備ごとに具体的な要件と補助金額が設定されています。ZEH住宅については、国のZEH補助金を受けた新築戸建住宅や建売住宅に対して100,000円が支給されます。断熱材の設置工事では50,000円、玄関扉の断熱性の高いものへの交換工事でも50,000円が補助されます。複層ガラスへの交換や二重サッシの新設についても同様に50,000円が支給されます。

既存の照明設備をLED照明設備に交換する場合、その費用の3分の2が補助され、上限は50,000円です。また、宅配ボックスの設置費用についても補助があり、固定型の場合は費用の2分の1が補助され、上限は20,000円です。簡易型の場合も同様に費用の2分の1が補助され、上限は5,000円となります。

補助金の対象者は光市内で居住する既存住宅に対象設備を設置する方です。申請時には市税を完納していることが必要です。ZEH住宅については、令和6年4月25日以降に国のZEH補助金の交付決定を受け、令和7年3月20日までに建築または購入を完了することが条件となります。その他の設備についても同様に市税を完納していることが求められます。

申請手続きの流れは、まず補助金交付申請書を必要書類とともに環境政策課窓口に提出します。提出された書類が適正であると認められた場合、「補助金交付決定通知書」が送付されます。内容を変更する場合は、「変更承認申請書」を提出し、適正と認められた場合には変更承認通知書が送付されます。設置完了後には「実績報告書」を提出し、補助金交付額が確定されます。確定通知書を受け取った後、「補助金交付請求書」を提出することで、補助金が振り込まれます。

補助金の申請には、各種書類が必要です。ZEH住宅の申請には、国のZEH補助金の交付決定通知書や位置図、市税の完納証明書などが必要です。その他の設備については、見積書や住宅平面図、設置予定箇所の現況写真、対象設備の仕様書などが必要です。交付申請から2週間程度の審査期間を要するため、着工予定日は申請日から15日目以降としてください。また、各種書類の氏名は一致させることが重要です。

補助金は予算の範囲内で先着順に交付されるため、早めの申請が推奨されます。設備の購入・設置費用には消費税等は含まれません。設備導入に際しては、未使用のものが対象となり、リースによる設置は対象外です。補助金の申請に関する詳細や必要書類については、申請要領を確認してください。

興味のある方は、申請要領を確認の上、必要書類を揃えて環境政策課窓口までお越しください。今回の補助事業を活用し、家庭のエネルギー効率向上と脱炭素化に貢献しましょう。

⇒ 詳しくは光市のWEBサイトへ