ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 千葉県から物流業界への経済支援!第3弾支援金の給付が開始

2024年2月9日

労務・人事ニュース

千葉県から物流業界への経済支援!第3弾支援金の給付が開始

千葉県貨物運送事業者物価高騰対策支援事業(第3弾)

千葉県では、地域の経済活動を支えるため、物流業界の小規模な運送会社に向けた経済支援策が発表されました。この新たな取り組みは、物価の上昇など経済環境の変化に直面する中小規模の貨物運送業者を対象にしており、運送業務に必要な車両の運用に対して財政的な援助を提供するものです。

具体的には、業務用自動車ごとに支援金が給付されます。この支援金の額は、業務用の一般貨物自動車や特定貨物自動車には1台あたり23,000円、貨物軽自動車の場合は1台あたり8,000円が設定されています。この経済支援は、物流業界の安定と地域経済の維持を目指し、運送業者が直面している経済的困難を軽減することを目的としています。

支援の対象となるのは、以下の条件を満たす運送業者です。まず、資本金や出資総額が3億円以下の中小企業や、従業員数が300人以下の企業・個人が対象となります。また、申請日現在で一般貨物自動車運送事業や特定貨物自動車運送事業の許可を受けている、または貨物軽自動車運送事業を届け出ている業者であることが必要です。運送業を継続しており、千葉県内に営業所を有し、関連する法令や条例を遵守していることも求められます。

対象車両には、特定の条件が設けられています。対象となるのは、令和6年2月1日時点で使用されている事業用自動車で、千葉県内に配置されていること、そして、車検が有効であることが含まれます。対象車両は、自動車検査証や軽自動車届出済証に記載されている使用者が申請者本人である必要があります。

この支援事業は、千葉県の貨物運送業者が抱える経済的課題に対処し、地域経済の発展に貢献することを目的としています。運送業者は、この機会を利用して、運営の安定化を図ることが期待されています。

⇒ 詳しくは千葉県のWEBサイトへ