労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 唐津市 令和6年度カーボンニュートラルチャレンジ補助金を活用して環境保全活動を推進しよう

2024年4月25日

労務・人事ニュース

唐津市 令和6年度カーボンニュートラルチャレンジ補助金を活用して環境保全活動を推進しよう

唐津市 令和6年度カーボンニュートラルチャレンジからつ補助金

令和6年度に向けて、唐津市が「カーボンニュートラルチャレンジ補助金」を設立しました。この補助金は、2050年のカーボンニュートラル実現を目指し、地球温暖化対策と脱炭素社会への移行を加速するためのものです。市民団体や個人が先進的な環境保全活動や環境に優しい設備の導入を行う際に、財政的な支援を提供することが目的です。

カーボンニュートラルとは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量と、森林などによる吸収量を釣り合わせ、実質的に排出ゼロを達成する状態を指します。

補助金の対象となる主な設備には、電気自動車、太陽光発電システム、蓄電池システム、V2H充放電システム、コンポスト、電動生ごみ処理機器などがあります。これらの設備を導入することで、環境への負担を減らしつつ、エネルギー効率の良い生活を目指すことができます。

また、団体による環境保全活動も補助の対象となります。これには、地域での環境イベントの開催や、自然保護プロジェクトへの参加などが含まれます。団体は、唐津市内に主たる事務所を持ち、営利を目的としない活動を行うことが必要です。

補助金申請には条件があります。例えば、電気自動車の補助を受けるためには、市の住民基本台帳に登録されていることや、市税を滞納していないことが必要です。また、申請は令和6年度内に行い、補助金の交付後に設備の登録や報告が完了している必要があります。

これらの補助金に関する詳細は、市のウェブサイトや配布されている手引き(PDF形式)を参照することで確認できます。これには、各種様式のダウンロードリンクも含まれており、申請書から事業計画書、収支計画書まで様々なドキュメントが提供されています。

唐津市では、この補助金を通じて、市民一人ひとりが環境問題への意識を高め、持続可能な社会作りに貢献することを期待しています。地球温暖化対策は一朝一夕には達成できないため、こうした地方自治体の取り組みが非常に重要です。

興味のある方は、申請期間内に市の指定する方法で申請を行い、環境に優しい未来を実現する一歩を踏み出しましょう。

⇒ 詳しくは唐津市役所のWEBサイトへ