労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 国東半島宇佐地域、世界農業遺産を活かした地域活性化の新たな一歩

2024年2月19日

労務・人事ニュース

国東半島宇佐地域、世界農業遺産を活かした地域活性化の新たな一歩

令和6年度国東半島宇佐地域世界農業遺産「地域活力支援事業」を募集(宇佐市)

大分県国東半島宇佐地域が舞台となる、世界農業遺産を背景にした新たな地域活性化支援策が発表されました。この地域は、その豊かな自然と伝統的な農耕文化により、世界農業遺産に認定されています。今回の取り組みでは、地域固有の資源を活用した活動や、農業に関わる伝統文化の継承に力を入れるプロジェクトに対して、支援が行われることになります。

支援の対象となるのは二つの主要なカテゴリーです。第一に、「提案型地域活動」として、地域の自然や文化を生かした観光コースの開発や特産品の新たな商品開発、生物多様性を守る取り組みなどが挙げられます。こうしたプロジェクトを進める地域グループやNPO法人、さらには企業などが対象ですが、宗教や政治活動を主目的とする団体は除外されます。支援金額は30万円から50万円までで、利益を目的とする事業には制限が設けられています。

第二のカテゴリーは、「農耕文化継承」に関わる活動で、伝統文化の保存に努める団体や地域グループ、観光協会などが対象となります。具体的には、必要な備品の購入や修繕、プロモーション用の印刷物や映像の作成、後継者の確保と育成、ボランティア組織の構築などが支援される予定です。こちらも支援金額は30万円以上50万円以下となっています。

募集期間は、2024年2月1日から3月29日までと設定されており、申し込みは宇佐市観光・ブランド課のブランド推進係にて受け付けられます。詳細な募集要項や申請様式は、国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会の公式ホームページからダウンロード可能です。なお、この支援事業の実施は大分県及び推進協議会の当初予算の成立を前提としており、予算やその他の状況により変更が生じる可能性がある点、念のためご留意ください。

この支援策は、地域の自然や文化を活かし、地域住民や訪れる人々に新たな魅力を提供することで、国東半島宇佐地域のさらなる発展を目指すものです。伝統と革新が融合するこうした活動を通じて、地域の活力がさらに高まることが期待されています。

⇒ 詳しくは宇佐市のWEBサイトへ