ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 大分県 持続可能な農業を目指す!耕畜連携堆肥活用支援事業の取り組み

2024年1月25日

労務・人事ニュース

大分県 持続可能な農業を目指す!耕畜連携堆肥活用支援事業の取り組み

耕畜連携堆肥活用推進事業の実施について

農業分野において、肥料の国際価格高騰に直面している現状を受け、ある地域が独自の取り組みを展開しています。この地域では、「耕畜連携堆肥活用支援事業」を開始し、化学肥料の使用を減らし、肥料コストを削減することを目指しています。この支援事業では、地域内で生産される畜産堆肥の質を高め、流通を促進するための様々な施策が実施されます。

具体的には、高品質堆肥生産のための設備整備、堆肥の流通体制の構築、さらには土壌診断や堆肥散布のサポートが含まれます。これにより、農家は肥料価格の高騰に強い生産体制を構築できるようになることが期待されています。

この取り組みは、農業の持続可能性を高めると同時に、地域資源の有効活用を図るものであり、地域の農業発展に大きく貢献すると見られています。

⇒ 詳しくは大分県のWEBサイトへ