ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 奈良県、中小企業向け電力負担軽減給付金の継続第2期を発表

2024年1月29日

労務・人事ニュース

奈良県、中小企業向け電力負担軽減給付金の継続第2期を発表

奈良県特別高圧電力受電中小企業給付金に対する給付金事業継続(第2期)

奈良県では、電気料金の急激な上昇により経済的な負担が増加している地域内の中小企業や個人事業主を支援するため、給付金の提供を継続することを発表しました。この支援策は、特に電力コストの高騰に直面している企業を対象にしており、彼らの経済的負担を軽減することを目的としています。

支給対象期間は、令和5年の10月から12月までの電力消費に基づいており、給付金の申請は令和6年の1月29日から2月29日まで受け付けられます。給付金の対象となるのは、奈良県内で特別高圧電力を利用している、またはその電力を使用している施設内に入居しており、かつ継続して県内で事業を行う意志がある中小企業です。

給付金の計算方法は、対象期間内の電力使用量に給付単価を乗じたものとなります。給付単価は1.8円/kWhで設定されています。申請手続きについては、事前に提供される申請ガイドを参照し、必要書類を揃えて提出する必要があります。初めて申請する事業者と既に前期の申請を行った事業者では、提出が必要な書類が異なる場合があるため、詳細はガイドを確認してください。

特別高圧電力の利用状況や施設入居の証明、電力使用量に関する書類など、申請には複数の書類が必要となります。また、法人の場合は履歴事項全部証明書のコピー、個人事業主の場合は身分証明書や住民票のコピーなど、申請者の状況に応じた書類の提出が求められます。

奈良県内で事業を営む中小企業者は、この給付金を利用して電力コストの高騰に対応し、経営の安定を図ることができます。特別高圧電力を利用しているか不明な場合や施設管理者を通じた申請手続きに関する疑問など、Q&Aセクションで解決策を提供しています。

この支援策は、奈良県内で事業を持続しようとする中小企業にとって重要な機会です。電力価格の高騰による経済的な負担を軽減し、地域経済の安定に貢献することが期待されます。

⇒ 詳しくは奈良県のWEBサイトへ