ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 富山市からの支援!作業負荷軽減機器購入への補助金

2024年2月16日

労務・人事ニュース

富山市からの支援!作業負荷軽減機器購入への補助金

富山市工場等作業負荷軽減支援事業補助金

富山市は、労働環境の改善と従業員の健康促進を目的に、特定の機器購入を支援する補助金制度を提供しています。この制度は、作業中の身体への負担を減らす機器の導入を促進することで、働きやすい職場環境を実現することを目指しています。

対象となるのは、アシストスーツやファンがついた作業服など、従業員が着用することで身体へのストレスを軽減する機器です。これらの機器は、作業効率の向上だけでなく、従業員の健康維持にも寄与します。

補助金の申請資格は、富山市内に拠点を置き、雇用保険に加入している従業員が2名以上いる中小企業の事業主に限られます。ただし、医療や福祉、農林業、漁業を主な業種とする事業主、風俗関連の業種、暴力団関連の者などは対象外となります。

補助金は、購入費用の2/3を上限に、最大で50万円まで支給されます。対象となる機器の購入費用が15万円以上である必要があり、消費税や地方消費税は含まれません。また、他の補助金との併用は認められていません。

申請期間は、令和6年2月26日から令和6年7月31日までと設定されており、予算の上限に達した場合は受付を終了します。補助金の交付を受けるためには、事業の開始前に申請する必要があり、導入予定の機器の詳細や見積もりなど、必要な書類を提出する必要があります。

実績報告は、事業完了日から10日以内、または令和7年2月10日までの早い方の日付までに行わなければなりません。報告には、購入した機器の使用状況を写真で示すことが求められます。

この補助金制度は、企業の作業環境改善を通じて、従業員の健康と安全を守るための貴重な機会です。富山市内で事業を営む中小企業の事業主は、この機会を活用して、より良い労働環境の整備を目指してください。

⇒ 詳しくは富山県富山市のWEBサイトへ