ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 広島県から中小トラック事業者への強力な支援策

2024年1月16日

労務・人事ニュース

広島県から中小トラック事業者への強力な支援策

物流生産性向上等支援事業支援金 広島県

広島県は、中小規模のトラック運送事業者を対象に、新たな支援プログラムを開始しました。このプログラムは、物流業界の生産性を高め、労働力の確保を目指すもので、特に物価の上昇や2024年に予想される物流業界の課題への対策として企画されました。さらに、環境に配慮した運送車両の導入を促進することで、エネルギーコストの影響を受けにくいビジネスモデルへの移行を支援することも目的の一つです。

支援対象となるのは、広島県内で活動する中小のトラック運送業者で、資本金や従業員数に一定の条件を満たす企業です。このプログラムでは、荷物の積み下ろしを効率化するテールゲートリフターの導入、操作者のための特別教育、女性ドライバーが働きやすい職場環境の整備、そして環境に優しい電気、ハイブリッド、天然ガストラックの導入支援が含まれます。それぞれの支援項目には、経費の一部を補助する金額と条件が設けられています。

申請は、2025年1月15日から2026年1月10日まで受け付けられ、予算の限りがあるため、早めの申請が推奨されます。関連する申請書類は、広島県トラック協会の公式ウェブサイトからダウンロード可能です。提出先や詳細情報については、ウェブサイトや支援金センターへの直接の問い合わせを通じて確認することができます。

この支援プログラムは、地域の物流事業者が直面する多くの挑戦に対応し、将来的にはより持続可能で効率的な運送業界の構築に貢献することを目指しています。

⇒ 詳しくは広島県のWEBサイトへ