ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 日本から世界へ 伝統味覚を届けるプロジェクト始動

2024年2月3日

労務・人事ニュース

日本から世界へ 伝統味覚を届けるプロジェクト始動

外国人に日本の食文化・食体験の魅力を伝える 食体験「商品」の優秀商品3商品を決定!(農水省)

日本の伝統的な味覚を世界へ届けるための新しい試みが、国内外の食愛好家の間で話題となっています。このプロジェクトは、「美食探究プロジェクト」と名付けられ、日本独自の食文化や味わいを体験できる商品の海外展開を目指しています。農林水産省の主導のもと、地元の特色ある食材や料理を活かした商品を世界各国の消費者に直接届けることを目的としており、越境ECプラットフォームを通じた販売がその主な手段です。

プロジェクトの目的
この取り組みは、海外の人々が日本を訪れることなく、自国で日本の美食を再体験できるようにすることを目指しています。日本産の農産物や食品の魅力を国外に伝えることで、日本の農林水産業のさらなる発展と、訪日観光の促進に貢献することが期待されています。このために、地域固有の食文化や食体験を提供する「商品」を集め、その中から海外販売を視野に入れた優秀な商品を選出し、支援を行っています。

優秀商品の選出
今年のプロジェクトでは、4月から6月にかけて商品の公募を行い、全国から87点の応募がありました。その中から厳選された10点の商品が輸出に向けてブラッシュアップされ、最終的に3点の商品が優秀商品として選ばれました。選出されたのは、次の3商品です。

桜形パスタ「サクラパスタ」(山形県)
山形県発のこのパスタは、桜の形を模しており、茹でても形が崩れないモチモチの食感が楽しめます。自然由来の色素で桜の色を表現しており、サラダや煮物、スープなどに加えることで、食卓に春の訪れを感じさせます。

健康志向の味噌汁体験セット(長野県)
伝統的な木桶で仕込んだ信州味噌と、糸寒天、出汁をセットにした商品です。このセットを使えば、どこでも簡単に本格的な味噌汁を楽しむことができます。

干し柿のお菓子「山柿庵やま柿」(岡山県)
干し柿を薄くスライスした、伝統的な柿巻き菓子です。そのまま食べても、アルコールや乳製品と組み合わせても楽しめる、新しいタイプのジャパニーズ・ドライフルーツです。

サポートと今後の展開
選出された商品は、越境ECでのテスト販売やSNSを活用した情報発信など、海外での販売促進に向けた様々な支援を受けることになります。これにより、日本の食文化が世界中で新たに評価され、さらなる需要拡大が期待されています。

⇒ 詳しくは農林水産省のWEBサイトへ