労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 日本政府観光局発表と連動、「Japan Travel by NAVITIME」2024年3月の外国人ユーザー数170万人達成

2024年5月5日

労務・人事ニュース

日本政府観光局発表と連動、「Japan Travel by NAVITIME」2024年3月の外国人ユーザー数170万人達成

訪日外国人観光客向けサービス『Japan Travel by NAVITIME』、月間アクティブユーザー数(MAU)170万を突破【株式会社ナビタイムジャパン】(JNTO)

株式会社ナビタイムジャパンは、2024年3月のデータに基づき、訪日外国人向けのナビゲーションツール「Japan Travel by NAVITIME」の月間アクティブユーザー数が170万人を超えたことを発表しました。この数は、日本政府観光局が公表した同月の訪日外国人数308万人というデータと合わせて、サービスの利用拡大を物語っています。

「Japan Travel by NAVITIME」は、ウェブサイトとアプリの両方で提供されており、3月の統計によると、ウェブサイトが120万人、アプリが50万人のユーザーを記録しました。ウェブサイトでは、訪日前の情報収集ツールとして、鉄道チケットの購入方法や交通ルートの計画などが特に利用されています。一方、アプリは訪日中の移動に便利な機能を提供し、JAPAN RAIL PASSを始めとする周遊チケットの効果的な利用方法をサポートしています。

2022年のパンデミック後、訪日外国人の需要が回復し始めると、同社は記事の充実と機能改善を進め、ウェブアクセスが急増しました。特に2023年には、訪日経験を共有する「旅程投稿」機能が導入され、訪問者からの高評価を得て、ユーザー数の増加に寄与しました。また、ウェブサイトの利用者増に伴い、アプリの使用者数も増加しています。

今後もナビタイムジャパンは、さらなる需要の拡大を見込み、ユーザーのニーズに応じた機能開発を進め、訪日外国人観光客の快適な日本旅行を支援していく方針です。サービスは、2013年にアプリの提供を開始して以来、主に個人手配旅行者(FIT)を対象に、多言語で日本国内の観光情報や移動支援を提供しており、2017年にはウェブサイトも開設しました。

「Japan Travel by NAVITIME」は、現地でのナビゲーションだけでなく、観光ガイド記事や旅行プランニングツール、実際に訪れたスポットのレビュー投稿など、旅行前から旅行後までをサポートする一貫したサービスを提供しており、外国人観光客から高い評価を受けています。

以上の情報は、日本を訪れる全ての外国人観光客、特に自分で旅行を計画する旅行者にとって、非常に役立つ情報であり、引き続き「Japan Travel by NAVITIME」が提供するサービスに注目が集まっています。

「訪日外国人観光客向けサービス『Japan Travel by NAVITIME』、月間アクティブユーザー数(MAU)170万を突破【株式会社ナビタイムジャパン】」はこちら

⇒ 詳しくは日本政府観光局のWEBサイトへ