ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 日本経済、緩やかな回復傾向続く – 令和5年12月の月例経済報告 景気動向(内閣府)

2023年12月25日

労務・人事ニュース

日本経済、緩やかな回復傾向続く – 令和5年12月の月例経済報告 景気動向(内閣府)

個人消費と雇用の持ち直し、日本の経済回復に光明。

令和5年12月の月例経済報告によると、日本の景気は全体的に緩やかな回復傾向を続けているが、一部で足踏みが見られる現状があります。

個人消費は改善の兆しを見せており、設備投資も全体的には改善傾向にあるにもかかわらず、一部で停滞が見られます。雇用と所得環境は改善しており、消費の持ち直しも期待されていますが、物価上昇や中東情勢、金融市場の変動などのリスク要因には引き続き注意が必要です。

政府と日本銀行は、経済の持続的な成長とデフレからの脱却を目指し、積極的な金融・財政政策を進める方針です。海外経済に目を向けると、アメリカとアジア地域は回復傾向にありますが、ヨーロッパでは依然として弱い動向が続いています。国内企業物価は横ばいを維持しており、消費者物価の上昇ペースは緩やかになっています。

⇒ 詳しくは内閣府のWEBサイトへ

令和6年1月 月例経済報告 景気は、このところ一部に足踏みもみられるが、緩やかに回復している。(内閣府)はこちら