ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 春の訪れと共に知っておきたい花粉症予防と対策

2024年2月12日

労務・人事ニュース

春の訪れと共に知っておきたい花粉症予防と対策

スギ花粉に負けない!簡単にできる花粉症対策(環境省)

花粉症、特にスギ花粉によるアレルギー反応は春の訪れと共に多くの人々を悩ませます。

体内に花粉が侵入すると体はこれを異物と認識し、防御反応として抗体を生成します。個人差がありますが、時間が経過し花粉に何度も曝露されることで、症状が現れます。スギ花粉は2月から4月にかけて飛散し、晴れた日や空気が乾燥している日、雨上がりの翌日、風が強い日には飛散量が増えます。

予防策としては、適切なマスクの着用、メガネやゴーグルで目を保護し、花粉飛散が多い時間帯の外出を避けること、テレワークの利用、外出から帰宅後は衣服を払い、手洗いやうがい、顔や髪の洗浄を徹底し、窓の開閉に注意し室内の換気を適切に行うことが推奨されます。

治療方法としては、抗ヒスタミン薬、点鼻薬、点眼薬などの対症療法と、スギ花粉の成分を含む薬剤を定期的に体内に導入する免疫療法があります。花粉症対策として個々の予防策を日常生活に取り入れ、症状が現れた場合には早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

⇒ 詳しくは環境省のWEBサイトへ

「花粉症対策」リーフレットはこちらから