労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 春日部市内でビジネスを開始する企業に贈る、法人設立支援の手厚い補助内容

2024年5月4日

労務・人事ニュース

春日部市内でビジネスを開始する企業に贈る、法人設立支援の手厚い補助内容

令和6年 春日部市法人設立応援補助金

春日部市では、新たなビジネスの創出と地域経済の活性化を目的として、企業の設立を支援するための補助金制度を提供しています。この制度は、市の特定創業支援事業を利用して新たに会社を設立する事業者を対象に、財政的な支援を行うものです。

具体的には、春日部市内に事業所を設け、市内で事業活動を展開しようとする個人または団体が、法人としての設立登記を完了させた場合、登録免許税の一部を補助することで、起業の初期費用を軽減します。補助の対象となるのは、市税を滞りなく納付し、必要な許認可を得ている事業者であり、特に新規の個人事業主は開業から5年以内である必要があります。

この補助金の額は、登録免許税の37,000円または経費の4分の1のどちらか低い方を補助し、租税特別措置法に基づく税の軽減が適用された場合は、軽減後の金額の半額を補助するとされています。また、補助金額の計算で1,000円未満の端数が出た場合には、その部分は切り捨てられます。

補助金の申請には、春日部市法人設立応援補助金交付申請書を含むいくつかの書類が必要とされます。これには、補助対象経費の領収書、必要な許認可を示す営業許可証のコピー、市税の納付状況を証明する書類、登記内容を示す登記事項証明書、創業支援を受けたことを証明する書類などが含まれます。これらの書類は、市役所第二庁舎の商工振興課に提出することで補助金の交付が行われます。

申請は法人設立後1年以内に行う必要があり、全ての手続きは市の年度予算内で処理されるため、予算が尽き次第終了となります。この制度を利用することで、起業家は初期の負担を少しでも減らし、事業の軌道に乗せる手助けを受けることができます。

⇒ 詳しくは春日部市役所のWEBサイトへ