ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 時代を超える中小企業の成長戦略 少数精鋭モデルへの転換

2024年2月1日

労務・人事ニュース

時代を超える中小企業の成長戦略 少数精鋭モデルへの転換

求められる「少数精鋭の成長モデル」への自己変革(これからの労働政策に関する懇談会中間レポート)について(東京商工会議所)

東京商工会議所と日本商工会議所が、中小企業の持続可能な成長と競争力強化のための新たな方向性を示す報告書を公開しました。この報告書は、「少数精鋭で成長するビジネスモデルの確立」と題され、人手不足の時代において中小企業が直面している課題とその解決策を提案しています。

この報告書では、中小企業が省力化、人材育成、多様性の導入という三つの主要な戦略を通じて、より効率的かつ競争力のある組織へと変貌することを目指しています。省力化により業務効率を高め、人材育成を通じて従業員のスキルとモチベーションを向上させ、多様な人材を受け入れることで新たな視点とイノベーションを促進します。

さらに、報告書は労働政策と労働行政における7つの重要な改革を提案し、これらの変革が中小企業の人手不足問題に対処し、多様な人材が活躍できる環境を作り出すために必要であると強調しています。また、実際にこれらの課題に取り組み、成功を収めている7つの企業の事例も紹介されており、具体的な参考モデルとしています。

この報告書は、現代の労働市場の課題に直面している全ての中小企業にとって有益なガイドとなることでしょう。

⇒ 詳しくは東京商工会議所のWEBサイトへ

求められる「少数精鋭の成長モデル」への自己変革(デジタルブック)はこちら