労務・人事ニュース

  • TOP
  • お知らせ
  • 労務・人事ニュース
  • 時津町で太陽光発電設置補助開始、個人に7万円/kW支援

2024年7月5日

労務・人事ニュース

時津町で太陽光発電設置補助開始、個人に7万円/kW支援

令和6年 長崎県時津町 太陽光発電設備等の設置補助

長崎県時津町では、温室効果ガスの削減と地域の脱炭素化を進めるため、国の補助金を活用して「地域脱炭素に向けた重点対策加速化事業費補助金」を提供します。太陽光発電設備の設置に関心のある方は、以下の要件や申請期間を確認のうえ、ぜひご利用ください。

申請期間は令和6年7月1日から令和6年10月31日までです。補助対象者は、住宅に太陽光発電設備を設置する個人と、事業所に太陽光発電設備を設置する事業者が含まれます。

補助対象となる事業には、自家消費型太陽光発電設備の設置があります。この設備は、地域脱炭素移行・再エネ推進交付金実施要領に定められた要件を満たし、発電電力量などの計測器が設置され、時津町内に設置される必要があります。また、他の法令や予算制度に基づく国の負担や補助を受けないことも条件となります。補助金額は、個人の場合7万円/kW、事業者の場合5万円/kWで、1件あたりの上限額は100万円です。

家庭用蓄電池の設置も補助対象となります。ただし、蓄電池単体での設置は対象外で、太陽光発電設備の付帯設備として設置する場合のみです。補助金額は蓄電池価格(税抜き・工事費込み)の3分の1で、1件あたりの上限額は100万円です。蓄電池の価格が15万5千円/kWhを超える場合は補助対象外となります。

申請にあたっては、「時津町個人向け地域脱炭素に向けた重点対策加速化事業費補助金交付要綱」や「申請の手引き」をよく確認し、必要書類を提出してください。申請は先着順で受け付け、予算に達した時点で募集を終了します。FIT制度やFIP制度の認定を受ける場合、この補助金を受けることはできません。また、導入した太陽光発電設備の発電電力量の一定割合を自家消費することが求められます。

補助対象設備の工事請負契約は、町からの交付決定後に行う必要があります。新築住宅と併せて契約・発注する場合も、工事着手は交付決定後でなければ補助対象とはなりません。

詳細な交付要綱や申請の手引き、必要書類のダウンロードリンクは町の公式サイトに掲載されています。個人向けと事業者向けで交付要綱や様式が異なるため、申請者はそれぞれ適切な書類を確認してください。

この機会に、環境に優しいエネルギーを利用し、地域の脱炭素化に貢献しましょう。興味のある方はぜひご検討ください。

⇒ 詳しくは長崎県時津町のWEBサイトへ